1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐荷重をオーバーしても大丈夫?1分でわかる意味、椅子の耐荷重、80kg、100kgの耐荷重
スポンサーリンク

耐荷重をオーバーしても大丈夫?1分でわかる意味、椅子の耐荷重、80kg、100kgの耐荷重

明記してある耐荷重をオーバーして大丈夫?と思うことがありませか。例えば、耐荷重80kgの椅子に85kgの男性が座ったら危ないのでしょうか。結論からいうと、「耐荷重をオーバーすると壊れる可能性がある」です。但し、少し耐荷重をオーバーするくらいで、直ちに壊れることは無いでしょう。今回は耐荷重をオーバーして大丈夫か、椅子の耐荷重について説明します。耐荷重の意味、単位、読み方は下記が参考になります。

耐荷重とは?1分でわかる意味、読み方、床の耐荷重と、計算方法

耐荷重の単位は?1分でわかるkgf、n、kn、換算

耐荷重の読み方は?1分でわかる読み方、100kg、床の耐荷重、オーバーしてもいい?

耐荷重をオーバーしても大丈夫?

結論からいうと、耐荷重をオーバーすると「壊れる可能性がある」と考えてください。実は耐荷重をオーバーしたからといって「直ちに壊れる」とは限りません。


例えば、耐荷重60kgの椅子があります。椅子には「耐荷重60kg」と明記してありますが、実際の耐荷重は65kgや70kgのように「余裕」を持たせています。


もし、耐荷重60kgの椅子に、61kgの人が座って壊れたらどう思いますか。1%荷重が増えただけで壊れるのは、あまりにもギリギリ過ぎますね。


表示されている耐荷重に対して、「どのくらい余裕があるか(実際の耐荷重)」はメーカーの設計によるでしょう。余裕を増やし過ぎるとコストも増えます。メーカーは、コストと安全性のバランスを考えて耐荷重を決めています。


耐荷重の詳細は下記をご覧ください。

耐荷重とは?1分でわかる意味、読み方、床の耐荷重と、計算方法

耐荷重の読み方は?1分でわかる読み方、100kg、床の耐荷重、オーバーしてもいい?

スポンサーリンク

椅子の耐荷重

椅子の耐荷重は、「座る人の体重」と考えてよいでしょう。耐荷重70kgの椅子に、体重75kgの方は座るべきでは無いです。前述したように、壊れる可能性があります。


椅子に座ると、両足が地面や床に付きます。足の僅か重量は、両足から地面に伝わりますが、「ほとんどの体重は椅子が」支えます。よって、椅子の耐荷重=座る人の体重です。


また、椅子の耐荷重より体重が少なくても、座り方に注意しましょう。衝撃を掛けて「ドサッ」と座ったり、椅子の上に立つなど「衝撃のかかる座り方、荷重の偏り」は考慮されていません。


体重60kgの人でも、衝撃を与えて座ると100kgに近い体重になるかもしれません。あまり衝撃をかけない座り方をおすすめします。

耐荷重80kg、100kgをオーバーしたら?

耐荷重80kg、100kgの椅子に体重オーバーして座ったらどうなるでしょうか。前述したように壊れる可能性があります。もちろん余裕は見込んでいますが、「余裕がどのくらいあるか」分かりません。耐荷重はオーバーしないよう使いましょうね。

まとめ

今回は耐荷重をオーバーして大丈夫か説明しました。結論からいうと、耐荷重をオーバーすると「壊れる可能性」があります。椅子に座るときは耐荷重に注意しましょうね。また衝撃のかかる座り方をしないよう、使い方もよく考えましょう。下記も参考になります。

耐荷重とは?1分でわかる意味、読み方、床の耐荷重と、計算方法

耐荷重の単位は?1分でわかるkgf、n、kn、換算

耐荷重の読み方は?1分でわかる読み方、100kg、床の耐荷重、オーバーしてもいい?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 耐荷重をオーバーしても大丈夫?1分でわかる意味、椅子の耐荷重、80kg、100kgの耐荷重