1. HOME > 構造計算の基礎 > 確認申請の指摘対応例 符号の不整合と割印

確認申請の指摘対応例 符号の不整合と割印

※本対応例及び指摘例は事実に基づいたフィクションです。


さて、フィクションと断ったので苦情は一切受け付けませんが、私がこれまで受けてきた指摘回答の例を紹介します。


■指摘 伏図と軸組図で符号が違う。どちらが正ですか?


■回答 整合させます。伏図正です。


■管理人の解説

よくある指摘です。変に符号を沢山つくると自ら墓穴を掘る結果になります。符号は少なく、わかりやすくしましょう。図面を描くときは、伏図→軸組図の順番に作成すると思うので、伏図の符号をつけ終わってから、軸組図の符号をつけていくとミスが少なくなる。


また、必ず紙に印刷してチェックしましょう。それでも不整合があるんだから、これは妖精の仕業に違いありません。



■指摘 安全証明書に割印が有りません。


■回答 押印します。


■管理人の解説

1年目に受けた指摘です。軽微な建物は構造一級建築士の証明が必要ないのですが、このとき構造的に安全である証明書を「安全証明書」と言います。ま、現実は4号建物よりも大きくなれば、計算書を添付する義務があるので、ただの紙切れですが。 で、この安全証明書には設計者の記名・押印が必要なのと、計算書の表紙と安全証明書に割り印が必要です。※割印とは?・・・2つの書類に押印したとき、苗字が2つに分かれている状態。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 確認申請の指摘対応例 符号の不整合と割印