1. HOME > 構造計算の基礎 > 確認申請の指摘対応例 朱で押印と標準図の添付

確認申請の指摘対応例 朱で押印と標準図の添付

※本対応例及び指摘例は事実に基づいたフィクションです。


さて、フィクションと断ったので苦情は一切受け付けませんが、私がこれまで受けてきた指摘回答の例を紹介します。


■指摘 設計者押印は朱としてください。


■回答 朱で押印します。


■管理人の解説

そのままの意味です。申請図書は正本と副本を最低でも用意します。適合性判定が必要ならさらに1部追加。このとき、正本の押印は朱印で行います。副本は正本のコピーでOKです。この指摘は、正本の押印もコピーとなっていた例です。



■指摘 コンクリートの標準図・鉄骨の標準図を添付してください。


■回答 添付します。


■管理人の解説

構造図に標準図が添付されてなかった時の指摘です。伏図や軸組図、リストや詳細図だけでは不十分です。特に、一般的な納まりは各社の標準図があり、これを参考に施工図が描かれています。よって、標準図の提出は不可欠なのです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 確認申請の指摘対応例 朱で押印と標準図の添付