1. HOME > 構造力学の基礎 > 片持ち梁の曲げモーメント図は?1分でわかる書き方、公式、計算、三角分布荷重との関係

片持ち梁の曲げモーメント図は?1分でわかる書き方、公式、計算、三角分布荷重との関係

片持ち梁の曲げモーメント図は、簡単に描けます。片持ち梁の先端は、曲げモーメントが0です。端部の曲げモーメントが最大です。よって、曲げモーメント図は三角形のような形になります。今回は、片持ち梁の曲げモーメント図の書き方、公式、計算、三角分布荷重との関係について説明します。


曲げモーメント図の書き方、片持ち梁の意味は、下記が参考になります。

断面力図ってなに?断面力図の簡単な描き方と、意味

片持ち梁とは?1分でわかる構造、様々な荷重による応力と例題

片持ち梁の曲げモーメント図は?

片持ち梁の曲げモーメント図を下図に示します。

片持ち梁の曲げモーメント図

片持ち梁の曲げモーメント図は簡単に描けます。まず、片持ち梁の先端に生じる曲げモーメントは0です。また、片持ち梁の固定端部で、曲げモーメントが最大となります。この2点を結べば、曲げモーメント図が完成です。片持ち梁の曲げモーメント図は、三角形の形をしています。


ただし、等分布荷重が作用する場合、曲げモーメントの分布が曲線になります。下図をみてください。これが、等分布荷重が作用する片持ち梁の曲げモーメント図です。

等分布荷重と片持ち梁の曲げモーメント図

片持ち梁の曲げモーメント図と計算

等分布荷重が作用する片持ち梁の曲げモーメントを計算し、曲げモーメント図を書きましょう。

片持ち梁と等分布荷重

B点を起点に、モーメントのつり合いを考えます。


Mx+wx×x/2=0

Mx = −wx^2/2


です。xは先端からの距離です。距離が大きくなるほど曲げモーメントが大きくなりますね。また、曲げモーメントは距離の二乗に比例するので、曲げモーメント図は曲線(二次関数)です。


曲げモーメント図は、下記が参考になります。

断面力図ってなに?断面力図の簡単な描き方と、意味

片持ち梁の曲げモーメントの公式と三角分布荷重

片持ち梁の曲げモーメントの公式を、下記に示します。


・先端集中荷重 片持ち梁

先端集中荷重 片持ち梁


・等分布荷重 片持ち梁

等分布荷重 片持ち梁

・三角形分布荷重 片持ち梁

三角形分布荷重 片持ち梁

まとめ

今回は片持ち梁の曲げモーメント図について説明しました。意味が理解頂けたと思います。片持ち梁の曲げモーメント図を書くのは簡単です。固定端に生じる曲げモーメントの求め方を覚えてくださいね。片持ち梁の曲げモーメントの公式は簡単なので、暗記すると良いですね。下記の記事も参考になります。

断面力図ってなに?断面力図の簡単な描き方と、意味


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 片持ち梁の曲げモーメント図は?1分でわかる書き方、公式、計算、三角分布荷重との関係