1. HOME > 構造力学の基礎 > 示力図とは?1分でわかる意味、読み方、描き方、連力図との違い、トラスとの関係

示力図とは?1分でわかる意味、読み方、描き方、連力図との違い、トラスとの関係

示力図とは、複数の力を合成し(力を繋いで)、力の始点と終点を結んで合力を示した図のことです。示力図を描くことで、簡単に合力および力の作用方向がわかります。今回は示力図の意味、読み方、描き方、連力図との違い、トラス構造との関係について説明します。今回の記事は、合力、力の合成について勉強するとスムーズに読めます。下記の記事が参考になります。

合力とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、角度との関係

力の合成とその計算方法

示力図とは?

示力図とは、複数の力を合成し、力の始点と終点を結んで、合力を示した図のことです。下図をみてください。これが示力図です。

示力図

一見、複雑そうですが、合力の値や方向を簡単に求めることができます。例として、2つの力の合力を、示力図を描くことで求めます。下図を見てください。力P1とP2の合力を求めましょう。

示力図の例題

計算で、合力の値と角度を求めるなら、三角関数を用います。力の合成の方法は、下記の記事が参考になります。

力の合成とその計算方法


示力図では、力の始点と終点を考えるだけです。まず、P1が点Oから作用します。これを始点と考えます。次に、P1の矢印の先端からP2を描きます。P2の方向、矢印の長さを、そのまま平行移動すればよいですね。


合力は、このP1とP2の力がなす図形が閉じるように描きます。これで、合力Rを求めることができました。力の大きさを、矢印の長さと考えてください。合力の矢印の長さを計測すれば、それが大きさです。


示力図は、「2つの力の合力は、平行四辺形の対角線となる」ことを利用して描いています。詳細は合力の意味、力の合成の方法は、下記の記事が参考になります。

合力とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、角度との関係

力の合成とその計算方法

示力図の読み方

示力図は「しりょくず」と読みます。

示力図と連力図との違い

示力図と連力図は同じ意味です。建築の構造力学では、示力図ということが多いです。

示力図の描き方

3つの力の合力を、示力図をつかって求めます。下図をみてください。P1~P3がバラバラの方向に作用します。示力図は、各力を順次繋いで、始点と終点を結んでできた図です。

示力図の描き方

まずP1の矢印の先端から、P2の矢印を描きます。P2の方向、矢印の長さはそのままです。O点から描くのではなく、P1先端から描きます。次に、P2矢印の先端から、P3の矢印を描きます。


このP3矢印の先端を閉じるように、O点から矢印を引いてください。この力が合力Rです。三角関数を使った計算をすることなく、合力の角度と大きさが計算できました。

示力図とトラスの関係

示力図の描き方を覚えると、トラス部材の軸力の方向が理解できます。まずは下記の記事を勉強してくださいね。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

節点法ってなに?節点法でトラスの軸力を求める方法

まとめ

今回は示力図について説明しました。意味が理解頂けたと思います。示力図は、複数の力を繋いで、始点と終点を結びできた図です。簡単に合力を求めることが可能です。実務で使うことが少ないですが、合力の大きさを直感的に理解できる方法です。ぜひ理解してくださいね。また、併せて下記の記事も参考にしてください。

合力とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、角度との関係

力の合成とその計算方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 示力図とは?1分でわかる意味、読み方、描き方、連力図との違い、トラスとの関係