1. HOME > 構造計算の基礎 > 傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

建築では、勾配のついたスロープや屋根、ブレースの長さの、勾配の高さ、傾斜面の長さ、傾斜角を計算します。よって、傾斜の計算は、必ず理解する必要があります。今回は、勾配の高さ、長さ、傾斜の角度の計算法について説明します。※建築では、数学を使うことも多いです。特に、三角関数は必須なので覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

傾斜の計算とは?

傾斜の計算は、三角関数を理解していれば簡単です。下図をみてください。底辺の長さa、高さb、斜辺の長さcの三角形があります。

傾斜と三角形


このとき、a、b、cは下記の関係があります。


上記を三平方の定理、ピタゴラスの定理といいます。また、2つの値を二乗して足し合わせ、ルート(平方根)した値を、「二乗和の平方根」といいます。


上記より、三角形の斜辺の長さは、底辺と高さがわかれば計算できます。


次に勾配の角度を計算します。底辺aと高さb、角度θの関係は下記です。


なお、上記の値はラジアン表記なので、馴染みのある度で知りたいときは下式で計算します。


Atanはtanの逆数です。180/3.14は、概ね「60」です。概算的には、ラジアンの値に60を掛ければ算定できますね。

勾配の高さと、斜辺の長さの計算

具体的に勾配の高さと、斜辺の長さを計算しましょう。下図に斜辺の長さと底辺の長さが分かる三角形があります。この勾配の高さを計算してください。

勾配の高さの計算

斜辺が6.0m、底辺が5.0mです。三平方の定理を、高さを求める式に変換します。


c=6.0m、a=5.0mなので、

です。

傾斜の角度の計算

次に傾斜の角度を計算します。角度はラジアンでなく、度表示としてください。勾配の条件は下図とします。

傾斜の角度

底辺a=5.0m

勾配の高さb=3.3m


です。電卓やエクセルは、ラジアンの結果です。度表示したいときは、「180/π」をかけてくださいね。

まとめ

今回は傾斜の計算について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築では、傾斜角の計算、斜辺の長さなど、三角関数を使う機会が多いです。構造では、ブレース(筋交い)の長さを計算するときなどに使います。必ず使う計算式なので、是非覚えてくださいね。下記の記事も合わせて参考にしてください。

建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算