1. HOME > 構造計算の基礎 > 勾配の計算は?1分でわかる意味、単位、パーセント、1/100、20パーセントの関係
スポンサーリンク

勾配の計算は?1分でわかる意味、単位、パーセント、1/100、20パーセントの関係

勾配とは、ある面の傾きです。建築では、屋根やスロープ、地盤などの傾きをいいます。勾配の単位は、主にパーセント(%)や1/100などで表します。今回は勾配の意味、計算、単位、パーセント、20パーセントとの関係について説明します。勾配と似た用語に、傾斜があります。傾斜の意味は、下記が参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

勾配の計算は?

勾配は、ある面の傾きです。下図をみてください。これが勾配です。

勾配

勾配の計算は簡単です。上図の勾配では、長さと高さが分かっています。三角関数を思い出してほしいのですが、角度は高さを底辺で除して「アークタンジェント」をとった値です。よって、


a=5.0m

b=3.3m


θ=Atan(a/b)×180/π=33.4度


です。角度の求め方は、下記も参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算


なお、勾配の表記は「度」よりも、「1/100」や「1%」の方が多いです。角度で表すより直感的に理解できるからです。例えば、1/20の勾配は、底辺が20で高さが1の勾配という意味です。

勾配と1/20

1%は、1/100と同じ意味です。よって、1%の勾配は、下図のように底辺が100で高さが1の勾配ですね。

勾配と1%

百分率(%)の意味は、下記が参考になります。

百分率とは?1分でわかる意味、割合との違い、少数、分数との関係

勾配の単位

勾配の単位と表記法は、下記があります。


パーセント(%)

〇/〇(〇には底辺と高さの数字が入る)


詳細は、下記も参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

勾配とパーセントの関係

勾配をパーセントで表すことも多いです。下図の勾配を、パーセントで表記しましょう。

勾配とパーセント

底辺が50、高さが5です。よって、


5/50=1/10=0.1=10%


です。


底辺が100、高さが50の場合、50/100=1/2=0.5=50%です(実際には、このような急勾配は無いです)。

勾配の1/100、20パーセントとは

1/100、20パーセントの勾配を下図に示します。

1/100と20パーセント勾配

表記が変わると勾配のイメージが付きにくいですね。一度、同じ表記に直すと分かりやすいです。20%は1/5です。1/100と1/5では、どちらの勾配が緩いでしょうか。明らかに1/100の勾配ですね。

まとめ

今回は勾配の意味、計算、単位などについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。勾配の計算法は簡単です。三角関数の計算を思い出してください。また、勾配の単位、表記法の種類も理解しましょう。特に、1/100とパーセントの表記法は覚えてくださいね。下記の記事も参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 勾配の計算は?1分でわかる意味、単位、パーセント、1/100、20パーセントの関係