1. HOME > 構造力学の基礎 > 圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴、読み方

圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴、読み方

圧延マークは、異形鉄筋の表面にある「突起」です。この突起の数で鉄筋の材質を判断します。今回は圧延マークの意味、種類と見分け方、sd295aの特徴、読み方について説明します。※一般的に使うsd295a、sd345の記事は下記の記事が参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

圧延マークとは?

圧延マークとは、異形鉄筋の表面にある突起(イボ)のことです。下図をみてください。これが鉄筋の圧延マークです。

鉄筋の圧延マーク

圧延マークは、鉄筋の材質を見分けるために必要です。突起の数に応じて、sd295aやsd345等を判断します。


圧延マークは、各メーカーで同じです。また、鉄筋の表面に書かれている数字は、鉄筋の呼び径を表します。鉄筋径の種類については下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

圧延マークは突起の数で材質が判断できるので、目視や触って材質が見分けられます。

圧延マークの種類と見分け方

圧延マーク(突起の数)の種類と鉄筋の材質を下記に示します。


ポイントは、圧延マークの数が増えるに応じて、材質の強度が上がることです。突起の数が3個なのに、「sd295a」と判断するのは明らかに間違っています。一見簡単そうですが、案外覚えにくく、一級建築士の試験でも頻出する問題です。

圧延マークとsd295aの特徴

圧延マークは、sd295aから覚えてください。sd295aは圧延マークが0個です。これさえ暗記すれば、あとはsd345⇒sd390⇒sd490と順番に材質が高くなり、圧延マークも1個ずつ増えます。


一級建築士の試験対策としても、sd295aの突起は「0個」だと暗記すれば他は暗記不要です。


※sd295aは下記の記事が参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

圧延マークの読み方

圧延マークは、「あつえんまーく」と読みます。単に突起の数と言ってもよいでしょう。

まとめ

今回は圧延マークについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。圧延マークは鉄筋の材質を判断する特記です。ポイントはsd295aと突起の数を暗記することです。一級建築士の試験でも頻出する問題なので、良く理解してくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴、読み方
  2. -->