1. HOME > 鋼構造の基礎 > ロール発注とは?1分でわかる意味、納期、鉄骨、鉄筋との関係

ロール発注とは?1分でわかる意味、納期、鉄骨、鉄筋との関係

ロール発注とは、鉄骨や鉄筋を発注することです。H形鋼などの形鋼は、回転ロールで、熱間圧延を行い製作されます。今回はロール発注の意味、納期、鉄骨や鉄筋との関係について説明します。


※H形鋼、形鋼の意味は下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

ロール発注とは?

ロール発注とは、鉄骨や鉄筋を製作する工場に発注することです。H形鋼などの形鋼や鉄筋は、回転ロールにより熱間圧延され製作されます。ロールの形状や大きさで、製作可能なH形鋼の大きさも変わります。


鉄骨部材を製作する工場では、毎週同じ鉄骨をつくるわけでは無いです。受注した形状や量に合わせてロールを変えます。つまり、鉄骨部材に必要な「ロール」をおさえる(発注する)意味で、ロール発注といいます。


※鉄骨は、所定の形状にする工程として「圧延」があります。圧延、熱間圧延の意味は、下記の記事が参考になります。

圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴

ロール発注の納期

ロール発注の納期は、一般的に「3ヶ月」です。ただ、発注依頼が増えれば納期は長くなります。国家的なプロジェクト(例えばオリンピック)や、特殊な事情がある場合、3ヶ月以上見込む必要があります。


2018年下半期ごろから、ロール発注の納期が延びました(BCPは8〜9ヶ月の納期)。オリンピックに向けて鉄骨や鉄筋部材の需要が増えたからです。


上記のように、ロール発注の納期を適切に考慮しないと、現場の工程が遅れます。ちなみに、私の家の近くで、コンビニの建て替え工事が行われていました。柱脚から上の鉄骨躯体は綺麗に残しつつ、基礎だけつくり替える計画です。


普段は面倒で、行わない工事方法です。ロール発注の納期が遅れていることが原因です。

ロール発注と鉄骨、鉄筋との関係

鉄骨や鉄筋は、回転ロールによる熱間圧延で所定の形状に製作します。市場に在庫があれば、ロール発注は不要です。鉄骨部材や鉄筋が沢山必要な場合、市場にある在庫では足りません。必ずロール発注が必要です。

まとめ

今回はロール発注について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ロール発注は、鉄骨や鉄筋を工場に発注することです。鉄骨や鉄筋は、回転ロールにより製作するため「ロール発注」といいます。ロール発注、熱間圧延の意味を理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ロール発注とは?1分でわかる意味、納期、鉄骨、鉄筋との関係