1. HOME > 構造力学の基礎 > sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

sd345は異形鉄筋の材質の1つです。他にもsd295aやsd390が一般的に利用します。今回は、sd345の意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い、sd345の機械的性質などについて説明します。※sd295aについては下記の記事が参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

sd345とは?

sd345は異形鉄筋の材質の1つで、鉄筋コンクリートの鉄筋に使います。「sd」はSteel Deformed barの頭文字をとっています。「345」は、降伏点の下限値を表します。


なお、sd295aなら「295」、sd390は「390」が降伏点の下限値です。鉄筋に関わらず、ローマ字の後に続く数字は降伏点を意味します。覚えておきましょう。


sd345は柱、梁、二次部材など幅広く使います。長期許容応力度、短期許容応力度も大きく、対応する鉄筋径も太いので使いやすい材質です。

sd345の許容応力度、ヤング率、規格

sd345の許容応力度、ヤング率、規格についてそれぞれ解説します。

許容応力度

sd345の許容応力度は下記です。


他の鋼材と比べて、長期と短期は1.5倍の関係でないことに注意してください(1.6倍程度です)。短期の断面算定で、長期の1/1.5とすると間違えます。

ヤング率

sd345のヤング率は、

です。鋼材のヤング率は材質に関わらず一定です。※ヤング率については下記の記事が参考になります。

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

スポンサーリンク

機械的性質

sd345の機械的性質は、JISG3112に規定されます。下表に示します。なお、sd345以外の材種も併せて書きました。引張強さや曲げ試験など、何が違うのか目を通しておきましょう。

sd345機械的性質

化学成分

下表にsd345の化学成分を示します。他鉄筋との違いを理解しましょう。

sd345化学成分

例えば、sd295aとsd345では、化学成分の規定が随分違いますよね。

sd345とsd295aの違い

sd345とsd295aの違いを下記に示します。

sd345とサイズ(鉄筋径)の関係

構造設計の実務では、D13に対してsd345の材種を適用しません。下記に、sd345とサイズの関係を示します。


またsd390はD29以上の鉄筋に適用する材種です。上記は、鉄筋コンクリート造の構造計算における「常識」です。D13なのにSD345の材質を適用したり、間違えないよう注意しましょう。

まとめ

今回はsd345について説明しました。sd345の意味が理解頂けたと思います。鉄筋コンクリート造の部材に、sd345は良く使います。降伏強度や適用可能な鉄筋径を覚えておきましょう。またsd295aについても併せて覚えてくださいね。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い
  2. -->