1. HOME > 鋼構造の基礎 > sd390とは?1分でわかる意味、許容応力度、鉄筋径、ヤング率

sd390とは?1分でわかる意味、許容応力度、鉄筋径、ヤング率

sd390は異形鉄筋の材質の1つです。他にもsd345やsd295aを一般的に利用します。3つの中で、sd390は最も強度が高い材質です。今回は、sd390の意味、ヤング率、許容応力度、鉄筋径との関係などについて説明します。※sd345、sd295aについては下記の記事が参考になります。


SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分 リンク

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

sd390とは?

sd390とは、異形鉄筋の材質の1つです。なお「sd」は異形鉄筋を意味する記号です。「390」は、降伏強度の下限値を示します。※異形鉄筋については下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格


sd390は、一般的に使う材質の中で最も高い強度です。よって、応力が大きい梁や柱に使います。ただ、sd390は長期許容応力度が、sd345より小さいです(後述しました)。


長期応力が大きい場合、sd390を使うメリットは少ないです。

sd390の許容応力度、ヤング率、規格

sd390の許容応力度、ヤング率、規格についてそれぞれ解説します。

許容応力度

sd390の許容応力度は下記です。


長期許容応力度 ⇒ 195 N/mu

短期許容応力度 ⇒ 390 N/mu


注意したいのは、長期許容応力度がsd345の値(215)より小さいことです。梁や柱の配筋が、短期応力によって決まる場合、sd390を使うといいです。ただ、配筋量が長期応力で決まる場合、sd390を逆に厳しくなります。グレードが高いから、と勘違いしないよう注意したいですね。

ヤング率

sd390のヤング率は、

です。鋼材のヤング率は材質に関わらず一定です。※ヤング率については下記の記事が参考になります。

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

機械的性質

sd390の機械的性質は、JISG3112に規定されます。これは、sd295a、sd345と同じです。

sd390機械的性質

降伏強度が、sd295aやsd345に比べて大きいです。応力が大きく、d22、d25で納まらないとき、d29のsd390を使います。


降伏強度、引張強度が大きいので、柱梁接合部の検討は注意が必要です。鉄筋コンクリートの柱梁接合部の検討は、下記の記事が参考になります。

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造

化学成分

下表にsd390の化学成分を示します。

sd390化学成分

sd390とサイズ(鉄筋径)、D29との関係

sd390は、一般的にD29以上に適用します。よって、sd390を使おうと思えば、自動的に鉄筋径はD29以上になります。D29の規格を下記に示します。

D29の質量

まとめ

今回はsd390について説明しました。意味が理解頂けたと思います。sd390は、異形鉄筋の材質の1つです。一般的に使うsd295a、sd345と比べて、最も強度の高い材質です。応力が大きい梁や柱に使いましょう。ただし、長期許容応力度はsd345より小さいです。sd390を使うと鉄筋径も大きくなるので、安易な利用は避けたいものです。※他鉄筋の仕様は下記の記事が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > sd390とは?1分でわかる意味、許容応力度、鉄筋径、ヤング率