1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材のssとは?1分でわかる意味、種類、用途、ss材の英語、略
スポンサーリンク

鋼材のssとは?1分でわかる意味、種類、用途、ss材の英語、略

鋼材のss(えすえす)とは、一般構造用圧延鋼材を意味する記号です。英語のSteel Structureの頭文字をとっています。建築設計の実務でも、ss400やss490を略して「ss材」ということがあります。今回は、鋼材のssの意味、種類、用途、ss材の英語と略について説明します。ss材には、ss400やss490があります。詳細は、下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点

鋼材のssとは?

鋼材のss(えすえす)とは、一般構造用圧延鋼材を表す記号です。Ss材(えすえすざい)ともいいます。これは、Steel Structureを略した用語です。ss材には、下記の種類があります。


Ss400

Ss490


詳細は、下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点


鋼材は、正式名称が長いため、「ss」などの記号で表すことが多いです。よく使う鋼材の記号として、


Sn

Sm

Sd


などがあります。Sn、sm、ssの意味は、下記が参考になります。

SS,SN,SM材


Sdは異形鉄筋を意味する記号です。詳細は、下記が参考になります。

鉄筋の種類とsdの記号、見分け方とロールマークの関係

鋼材のssと種類と用途

鋼材のssには、下記の種類があります。主な用途を明記しました。


Ss400 柱、梁などの構造部材に使う。溶接性が保証されていないため、小梁など、溶接を不要とする二次部材に使うことも多い。

Ss490  ss400に比べて強度が高いため、荷重が大きな建物に用いる。あるいは、大きな引張力が作用する接合部に用いる。


個人的な経験ですが、Ss400を使うときは、二次部材が多かったです。Ss400は溶接性が良くありません。柱や大梁を剛接合するためには、必ず溶接が必要です。よって、柱や大梁には、sn材を用います。


sn材の特徴は、下記が参考になります。

SS,SN,SM材


また、下記の書籍にも明記があります。

鋼材のss材の英語と略

鋼材のss材は、Steel Structureの頭文字をとった用語です。ss材に限らず、鋼材の記号のほとんどが、英語の頭文字をとっています。Sn、smの英語は、下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材

まとめ

今回は鋼材のss材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。Ssは一般構造用圧延鋼材のことです。実務では、「ss材」ともいいます。ss材の種類を覚えてください。また、sn材、sm材との違い、ss材の規格も勉強しましょう。下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点

SS,SN,SM材


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材のssとは?1分でわかる意味、種類、用途、ss材の英語、略