1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の種類とsdの記号、見分け方とロールマークの関係
スポンサーリンク

鉄筋の種類とsdの記号、見分け方とロールマークの関係

鉄筋(異形鉄筋)は、SDで始まる記号で示します。図面上では、SD295AやSD345と描いて、鉄筋の種類を示します。図面上は、これで鉄筋の種類を判別できます。


しかし、実際の鉄筋は見た目が同じです。そこで「鉄筋の種類の見分け方」があります。鉄筋には圧延マーク(ロールマーク)という突起があります。この突起の数で、鉄筋の種類が判別できます。


鉄筋のロールマークは、下記が参考になります。

圧延マークとは?1分でわかる意味、種類、見分け方、sd295aの特徴

鉄筋の種類と呼び名

鉄筋の呼び名とは、D10(でーじゅー)やD13(でーじゅーさん)など、概ねの鉄筋径を意味する用語です。10mmの鉄筋、13mmの鉄筋、とは言いません。D10、D13といいます。


また、鉄筋の呼び名と実際の径は違います。呼び名と鉄筋径の違いは、下記が参考になります。


鉄筋径 規格


さて、鉄筋の種類と呼び名は下記の関係があります。D16をSD345にすることは可能ですが、一般的では無いです。


SD295A D10~D16

SD345 D19~D25

SD390 D29以上


鉄筋径と材質の関係は、下記も参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

鉄筋の種類と主筋

主筋とは、鉄筋コンクリート部材に配筋される、「荷重を負担する主要な鉄筋」です。主筋の意味は、下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋


下記の通り、ほとんどの鉄筋の種類が、主筋として使います。ただし、SD295Aについては、せん断補強筋や配力筋に使うことも多いです。


SD295A 主筋、配力筋、せん断補強筋に使う

SD345 主筋に使う

SD390 主筋に使う


配力筋、せん断補強筋の意味は、下記が参考になります。

配力筋とは?

せん断補強筋とは?1分でわかる意味、役割、種類、フック形状、配置

まとめ

今回は鉄筋の種類について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋の種類は、一般的に使うもので6種類あります。各鉄筋の特徴、丸鋼との違いも理解したいですね。下記の記事を参考にしてくださいね。

鉄筋の規格は?1分でわかる規格、直径、重量、機械的性質、化学成分

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の種類とsdの記号、見分け方とロールマークの関係