1. HOME > 鋼構造の基礎 > 圧延とは?1分でわかる意味、ロールとの関係、読み方、圧延工程との関係

圧延とは?1分でわかる意味、ロールとの関係、読み方、圧延工程との関係

圧延とは、熱した鋼を回転するロールに通し、圧力を加えて所定の形状にすることです。ロールとは、回転する車輪のような見た目で、これが鋼を回転しながら圧力を加えます。鋼材は、必ず「圧延」を行います。今回は圧延の意味、ロールとの関係、圧延の読み方、圧延工程との関係について説明します。※鉄や鋼を製造する機械に高炉、転炉があります。下記の記事も併せて参考にしてください。

高炉材とは?1分でわかる意味、電炉材との違い、メーカー、仕組み

圧延とは?

圧延とは、熱した鋼を回転するロールに通し、所定の形状にすることです。鋼材には色々な形があります。この形状をつくる工程が、圧延です。熱した鋼を、ロールに通します。ロールは回転し、鋼を圧しながら延ばします。ロールを水平、縦に設置し、色々な形鋼がつくれます。※形鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

圧延とロールの関係

ロールは圧延に必要な器具です。下図を見てください。四角形の鋼材を上下から挟んで回転させると、「にゅ〜」と伸びて、板厚が薄くなりますよね。ロールを水平、縦方向に設置すれば、H鋼の形につくれます。※H形鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

圧延の読み方

圧延は「あつえん」と読みます。関係する用語の読み方を下記に示します。


圧延工程 ⇒ あつえんこうてい

熱間圧延 ⇒ ねつかんあつえん

冷間圧延 ⇒ れいかんあつえん


熱間圧延は、鋼を800℃以上の高温で圧延し、所定の形状に仕上げる方法です。熱間圧延は一般的な圧延方法です。冷間圧延は、鋼を常温のまま圧延する方法です。薄板を曲げるとき、冷間圧延を行います。厚板は、常温で曲げにくいので熱間圧延とします。

圧延と圧延工程

鋼材の製造プロセスには下記の3つがあります。


製鉄工程

製鋼工程

圧延工程


製鉄工程では、鉄鉱石などから鉄を取り出す工程です。製鋼工程は、鉄を鋼にする工程です。製鉄、製鋼工程は、下記の記事も参考になります。

高炉材とは?1分でわかる意味、電炉材との違い、メーカー、仕組み


製鋼工程では、スラブ、ブルーム、ビレットと呼ばれる「鋼片」が製作されます。これは、長方形の形状で、H形鋼や溝形鋼のような厚み、形状を持ちません。よって、圧延を行い所定の形状とします。これが圧延工程です。

まとめ

今回は圧延について説明しました。意味が理解頂けたと思います。圧延は、熱した鋼をロールに通し、圧して所定の形状にすることです。私たちがH形鋼、溝形鋼と呼ぶ形鋼は、圧延が行われています。圧延には2種類あることも覚えてくださいね。また、高炉、電炉の意味も理解しましょう。下記の記事が参考になります。

高炉材とは?1分でわかる意味、電炉材との違い、メーカー、仕組み

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 圧延とは?1分でわかる意味、ロールとの関係、読み方、圧延工程との関係