1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートスラブとは?1分でわかる意味、遮音性、鉄骨造との関係
スポンサーリンク

コンクリートスラブとは?1分でわかる意味、遮音性、鉄骨造との関係

コンクリートスラブとは、人や物、スラブ自体の重さを支える「鉄筋コンクリート製の床」です。単に「スラブ」ともいいます。鉄筋コンクリート造マンションは、床だけでなく屋根もコンクリートスラブです。またコンクリートスラブは重さを支えるだけでなく、遮音性にも優れています。


今回はコンクリートスラブの意味、遮音性、鉄骨造との関係について説明します。コンクリートスラブの耐荷重、スラブの意味など下記が参考になります。

コンクリートスラブの耐荷重は?1分でわかる意味、計算方法、10cmの耐荷重、考え方、土間スラブとの関係

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間との違い

コンクリートスラブとは?

コンクリートスラブとは、人や物、スラブ自体の重さを支える「鉄筋コンクリート造の床」です。単に「スラブ」ということが多いです。スラブの意味は下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間との違い


下図のように、梁とスラブは一体化して造られます。


コンクリートスラブ1


後述しますが、コンクリートスラブは遮音性が高く、振動しにくいので居住空間の床に採用されます。例えば、


マンション(賃貸、分譲)

学校

事務所ビル

複号施設


などの床は、ほとんどがコンクリートスラブです(※もちろん例外もあります)。


コンクリートスラブの厚さは、建築基準法により規定されています。


80mm以上かつ、短辺方向における有効梁間長さ(梁間の内法寸法)の40分の1以上とすること


コンクリートスラブの厚さは150mmが標準的です。分譲マンションなど、高い居住性が求められる建物では、スラブ厚は200mm以上とします。スラブ厚の詳細は下記が参考になります。

スラブ厚とは?1分でわかる意味、規準、かぶり厚、調べ方、マンションとの関係


スラブ厚を大きくするほど遮音性、耐荷重も高くなります。コンクリートスラブの耐荷重は、下記が参考になります。

コンクリートスラブの耐荷重は?1分でわかる意味、計算方法、10cmの耐荷重、考え方、土間スラブとの関係

スポンサーリンク

コンクリートスラブの遮音性

コンクリートスラブは高い遮音性があります。さらに、スラブ厚を大きくするほど遮音性は高くなります。


一般的に、コンクリートスラブは「重量衝撃音(じゅうりょうしょうげきおん)」に対して遮音効果があります。重量衝撃音とは、「子供が飛び跳ねるときの音」のように、重くて柔らかい音です。


木造や軽量鉄骨アパートでは、木製または鋼製の床が使われており「上の階の音が気になる」ことも多いでしょう。それに比べると、コンクリートスラブは遮音性が高いです。


特に高品質な分譲マンションだと、スラブ厚みも大きいので、音はほとんど気にならないでしょう。

コンクリートスラブと鉄骨造の関係

鉄骨造の建物でも、床はコンクリートスラブとすることが多いです。上下階の居住性を少しでも高めるためです。なお、鉄骨造にコンクリートスラブを採用する場合、納まり(細部)に注意が必要です。下記の書籍が参考になります。

まとめ

今回はコンクリートスラブについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートスラブは、人や物、スラブ自体の重さを支える「鉄筋コンクリート製の床」です。居住性が高く、多くの建物に使われています。遮音性とスラブ厚の関係、耐荷重なども勉強しましょう。下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間との違い

スラブ厚とは?1分でわかる意味、規準、かぶり厚、調べ方、マンションとの関係

耐荷重とは?1分でわかる意味、読み方、床の耐荷重と、計算方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎> コンクリートスラブとは?1分でわかる意味、遮音性、鉄骨造との関係
  2. -->