1. HOME > 構造計算の基礎 > スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

「スラブ」と聞いてピンとくる人は少ないと思います。スラブとは、建築の専門用語です。私達実務者は仕事中、当たり前のように「スラブ」という言葉を使います。では、スラブとはどういった意味でしょうか。


今回はスラブの意味や、特徴、スラブの役割について説明します。


スラブってなに?

まず、スラブの意味について説明します。難しそうな専門用語ですが、意味はとても簡単です。スラブとは、

を意味します。元々、スラブは外来語です。英語の、「slab」に由来します。和訳すると平板という意味で、まさに鉄筋コンクリートの床の形状を表しています。では、木製の床や、鉄骨造の床どうでしょうか。


下図をみてください。このように、木製や鉄骨の床は、まず根太があって、根太を支える梁があり、その上に仕上げ材となるフローリングや、畳などが張られています。

「平板」という形状には当たりませんね。平板とは下図の形状です。

スポンサーリンク
 

平面の大きさに対して、厚みが小さい部材のことを「平板」といいます。鉄筋コンクリートの床は、鉄骨造や木造と比べて凹凸もなく、平べったい板です。ゆえにslab(スラブ)と呼ばれます。


以降、特に断らずにスラブと明記してある場合は、鉄筋コンクリート造の床だと思ってくださいね。


スラブの役割と、特徴、使用箇所について

ではスラブは、どのような箇所に使用されるでしょうか。またスラブの役割は何でしょうか。前述したように、スラブは床です。人間が建物の中で生活や社会活動を行うために必ず必要です。


特にスラブは、木製や鋼製の床と違い、高い遮音性や居住性があります。そのため、マンションや公共建築物の床は、ほとんどがスラブです。一般の方が賃貸物件を決める時、「静かな部屋が良い」と考えるでしょう。


スラブは音を通しにくい性質があります。つまり鉄筋コンクリート造の建物、あるいはスラブの重量を支えることができる重量鉄骨造が遮音性が高くておすすめです。さらに、スラブは振動や変形が少ない、というメリットもあります。


お子さんがいる家庭なら、子供が走り回って心配だと感じますよね。スラブは、変形が大きくても数mm程度で、固い部材のため振動も起きにくい特性があります。


そのような特徴を活かして、前述したような公共施設やマンションに多く用いられる部材なのです。


床スラブとスラブの違い、土間スラブってなに?

建築業界には間違いやすい言葉が沢山あります。

という用語もその一例です。これらの違いについて説明しましょう。


まず、スラブと床スラブは全く同じ意味です。

ですね。但し、実務では単にスラブという方が多いです。床スラブという言い方はあまり聞き馴染みがありません。


次に土間スラブという用語ですが、これは誤った用語です。土間コンクリートという用語と混同していると思われます。もし、「土間スラブ」と書かれている資料があるのなら、それは間違いだなと思ってください。


ところでネットの記事では、「土間スラブ」という用語も散見されます。注意しましょう。結論としては、「スラブ」という用語だけ覚えておけばOKです。


まとめ

今回はスラブについて説明しました。難しそうな専門用語ですが、意味は簡単ですね。スラブの使用箇所や特徴を理解しましょう。また、スラブや床スラブ、土間スラブの違いも覚えるといいでしょう。


以上、参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割