1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > スラブと鉄筋断面積の関係は?1分でわかる意味、引張鉄筋の断面積、公称断面積との関係
スポンサーリンク

スラブと鉄筋断面積の関係は?1分でわかる意味、引張鉄筋の断面積、公称断面積との関係

スラブの設計では、応力およびたわみに対して問題ないことを確認します。応力に対して、引張鉄筋の断面積が足りるか計算が必要です。今回は、スラブと鉄筋断面積の関係、引張鉄筋の断面積、公称断面積との関係について説明します。スラブ、引張鉄筋の意味、鉄筋の公称断面積は、下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

引張鉄筋比とは?

鉄筋の公称断面積は?1分でわかる意味、規格、計算値との違い

スラブと鉄筋断面積(引張鉄筋の断面積)の関係は?

スラブは応力とたわみに対して問題ないことを確認します。応力については、引張鉄筋の断面積が足りるか計算が必要です。スラブの意味は、下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


スラブに荷重が作用すると、曲げモーメントが生じます。曲げモーメントによる引張力を鉄筋が負担します。引張力を負担する鉄筋を、引張鉄筋といいます。


スラブに必要な引張鉄筋の断面積は、下式で算定します。


At=M/ftj


Atは引張鉄筋の断面積、Mは曲げモーメント、ftは鉄筋の許容応力度、jは応力中心間距離です。鉄筋の許容応力度、応力中心間距離は下記が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

鉄筋重心位置とは?


曲げモーメントが大きすぎると、上式が適用できないこともあります。詳細は、下記が参考になります。

釣り合い鉄筋比ってなに?3分でわかる意味と、梁の断面算定の方法


前述の式で算定される鉄筋の断面積は、1000mmの範囲における鉄筋の断面積です。下図をみてください。算定したAtを400muとします。この範囲に400mu以上の鉄筋が必要です。

鉄筋 断面積

鉄筋のピッチは、基本が200mmです。よって1000mmの範囲に5本鉄筋が並びます。1本あたりの必要な鉄筋量は、


400÷5=80mu


です。鉄筋の公称断面積より、D13が127muです。D13を5本配置すれば問題ないと分かります。基本のピッチが200mmなので、


5-D10 355mu

5-D10D13 495mu

5-D13 635mu


など、よく使う配筋の鉄筋量は暗記すると役に立ちます。鉄筋のピッチは、下記が参考になります。

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

鉄筋の公称断面積

鉄筋の公称断面積を、下記に示します。


D10 71mu

D13 127mu

D16 199mu

D19 287mu

D22 387mu

D25 507mu

D29 642mu

D32 794mu

D35 957mu

D38 1140mu

D41 1340mu

D51 2027mu


鉄筋のサイズと規格など、下記も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

まとめ

今回は、スラブと鉄筋断面積の関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。スラブに必要な鉄筋断面積の計算式を覚えましょう。よく使うスラブの配筋と鉄筋量も暗記したいですね。スラブの意味、鉄筋の規格など、併せて勉強してくださいね。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

鉄筋の規格は?1分でわかる規格、直径、重量、機械的性質、化学成分


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > スラブと鉄筋断面積の関係は?1分でわかる意味、引張鉄筋の断面積、公称断面積との関係