1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > フラットスラブってなに?フラットスラブのメリットとデメリット

フラットスラブってなに?フラットスラブのメリットとデメリット

建築物の構造方法には、フラットスラブと呼ばれる形式があります。では、フラットスラブはどのような構造形式でしょうか。フラットスラブにするメリットや、デメリットはあるのでしょうか。


今回はフラットスラブについて説明します。


フラットスラブってなに?

フラットスラブは、鉄筋コンクリート造の構造形式の1つです。下図をみてください。下図は、フラットスラブとフラットプレートと呼ばれる構造形式を模式図で示しました。

いずれも共通することは「梁が無い」ということです。柱とスラブが直接接合する点が、フラットスラブの最も特徴的な部分です。


実は左図は、フラットスラブではなく「フラットプレート」と呼ばれる形式です。右図がフラットスラブです。両者の違いですが、柱頭に注目してください。フラットプレートは、柱とスラブが繋がっていますが、フラットスラブはスラブと柱が接合される部分に補強が施されています。


フラットスラブは、梁が無いため地震力はもちろん長期荷重ですら、簡単に計算できません。通常のラーメン構造と比べると、慎重な設計が求められます。フラットプレート構造に至っては、柱頭の補強が無いため、パンチング破壊の精査が必須です。

スポンサーリンク
 

フラットスラブのメリット

フラットスラブのメリットを下記に示します。

図を見てわかるようにフラットスラブには、梁がありません。一般的な建物にでてくる梁がないので天井を高くできたり、開放的な空間にできるメリットがあります。


フラットスラブのデメリット

その一方で、構造的には多くの問題が残ります。下記にデメリットを示しました。


フラットスラブは、簡単な構造形式ではありません。梁が無いため、地震時の力の伝達が難しいからです。よって「パンチング破壊」が懸念されます。パンチング破壊とは、下図のような壊れ方です。

パンチング破壊は、地震時に生じる柱からの上向きの軸力が、スラブを突き抜けようとする破壊です。スラブは、梁や柱に比べて断面が小さいため、パンチング破壊のような突き抜ける破壊モードを考える必要があるのです。


パンチング破壊は、部材が即座に崩壊する危険な破壊モードです。フラットスラブの場合、パンチング破壊をキッカケに、スラブが落ちてくる可能性もあります。注意したいですね。


まとめ

今回は、フラットスラブについて説明しました。梁が無いスッキリとした構造にできる分、構造的な工夫をしないと難しい構造です。その分、デザイン性に優れた建築物にできますよね。


以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > フラットスラブってなに?フラットスラブのメリットとデメリット