1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 高炉セメントとは?1分でわかる意味、B種の特徴、普通セメントとの違い
スポンサーリンク

高炉セメントとは?1分でわかる意味、B種の特徴、普通セメントとの違い

高炉セメントとは、セメントに高炉スラグを混ぜたものです。混合させる高炉スラグの量でA種、B種、C種と分かれます。高炉セメントA種は5〜30%の高炉スラグを混合させたセメントです。高炉セメントは、普通ポルトランドセメントに比べて耐海水性、化学抵抗性などが大きいセメントです。今回は高炉セメントの意味、B種の特長、普通セメントとの違いについて説明します。普通ポルトランドセメントの特長は下記が参考になります。

ポルトランドセメントとは?1分でわかる種類、成分、使い方、特徴

高炉セメントとは?

高炉セメントとは、セメントに高炉スラグを混ぜたものです。高炉スラグを混合させる量でA種、B種、C種と分類されます。下記に示しました。


高炉セメントA種 ⇒ 高炉スラグを5〜30%混合

高炉セメントB種 ⇒ 高炉スラグを10〜60%混合

高炉セメントC種 ⇒ 高炉スラグを60〜70%混合


高炉セメントの品質を下図に示します。


図 高炉セメントの品質


また高炉スラグを混合させる量に応じて、高炉セメントの性質も変わります。一般的に、高炉セメントは普通セメントに比べて、「化学抵抗性、耐海水性」が高い材料です。また初期の強度発現は小さいですが、長期強度が普通セメントと同程度です。


普通ポルトランドセメントの特徴は下記が参考になります。

ポルトランドセメントとは?1分でわかる種類、成分、使い方、特徴


また高炉スラグ自体は、鋼を生成する過程で生まれる副産物です。よってCO2排出量を低減できるため、環境負荷の小さなセメントといえます。

スポンサーリンク

高炉セメントB種の特徴

高炉セメントB種の特長を下記に示します。


普通ポルトランドセメントに比べて、水和熱が小さい

普通ポルトランドセメントに比べて、初期強度は小さいが長期強度は普通セメントと同等

耐海水性、化学抵抗性が高い


なお高炉セメントA種の特徴は、普通セメントと同程度です。高炉セメントC種はB種の特徴をより強くした材料です。詳細は下記の書籍も参考になります。

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事

高炉セメントと普通セメントとの違い

高炉セメントと普通セメントの違いを下記に示します。


高炉セメント ⇒ 普通セメントに高炉スラグを混合させたもの。化学抵抗性、耐海水性が高い。高炉スラグ自体が副産物のため、環境負荷の低い材料。

普通セメント ⇒ 一般的に使用させるセメントのこと。普通ポルトランドセメントのこと。


普通ポルトランドセメントの詳細は下記をご覧ください。

ポルトランドセメントとは?1分でわかる種類、成分、使い方、特徴

まとめ

今回は高炉セメントについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。高炉セメントは、普通セメントに高炉スラグを混合させたものです。高炉スラグの量でA種、B種、C種と分かれます。高炉セメントの特徴も覚えましょうね。下記も勉強しましょう。

ポルトランドセメントとは?1分でわかる種類、成分、使い方、特徴

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 高炉セメントとは?1分でわかる意味、B種の特徴、普通セメントとの違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事