1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係
スポンサーリンク

セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係

セメントペーストとは、水とセメントを練り混ぜたものです。糊(のり)状で、タイルの接着剤として使うことがあります。またセメントペーストに細骨材(砂)を加えた材料が「モルタル」、セメントペーストに細骨材と粗骨材を加えた材料が「コンクリート」です。今回はセメントペーストの意味、使い方、水の量、タイルとの関係について説明します。セメント、モルタル、コンクリートの意味は下記が参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

生コンとモルタルの比重の違いは?砕石と砂の比重との関係

セメントペーストとは?

セメントペーストとは、セメントと水を練り混ぜた材料です。液体糊(えきたいのり)をイメージしてください。セメントペーストは、灰色で糊状のものです。セメントペーストを単に「ペースト」ともいいます。


セメントペーストは糊状ですが、時間が経つと固まります。接着剤のような効果を持つため、タイルの張り付けに用いる工法もあります。


また、セメントペーストに細骨材(砂)を加えた材料が「モルタル」、セメントペーストに細骨材と粗骨材を加えた材料を「コンクリート」といいます。セメント、モルタル、コンクリートの違いは下記をご覧ください。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

生コンとモルタルの比重の違いは?砕石と砂の比重との関係

スポンサーリンク

セメントペーストの使い方、タイルとの関係

セメントペーストは糊状なので扱いやすく、時間が経つと固まります。セメントペーストの使い方として、タイル張り付け時の接着剤として使う方法があります。


下図をみてください。タイルのセメントペースト張りでは、コンクリート床上にモルタル、セメントペースト、床タイルを敷きます。セメントペーストがタイルの下地です。


図 セメントペーストとタイルの関係

セメントペーストと水の量、モルタルとコンクリートとの違い

セメントペーストの水の量は、質量比で2〜3割程度です。なおモルタル、コンクリートではセメントペーストよりも水の量は少ないです。下図に、セメントペースト、モルタル、コンクリートの、「水」「セメント」「骨材」の割合を示します。


図 セメントペーストの水の量


実はコンクリートに使う水、骨材、セメントを体積比で表すと、6〜8割を骨材で占めます。全体の割合から考えると水の量は、ほんの少しですよね。高性能の混和材(減水剤など)により、水を減らしても練り混ぜやすいコンクリートがつくれます。混和材の詳細は下記が参考になります。

混和材ってなに?1分でわかる混和材の目的と種類

まとめ

今回はセメントペーストについて説明しました。セメントペーストは、水とセメントを練り混ぜた材料です。糊状で時間が経つと固まります。この性質を利用して、タイルの接着剤や下地材として使います。セメントペーストと似た用語の、モルタルやコンクリートも理解しましょう。下記が参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

生コンとモルタルの比重の違いは?砕石と砂の比重との関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME >鉄筋コンクリート造の基礎 > セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係