1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 再生骨材とは?1分でわかる意味、種類、jis、再生骨材hとの関係
スポンサーリンク

再生骨材とは?1分でわかる意味、種類、jis、再生骨材hとの関係

再生骨材(さいせいこつざい)とは、構造物を解体して生じたコンクリートの塊を粉砕などして取り出した骨材です。1度コンクリートとして利用した骨材を再利用しています。再生骨材には、H、M、Lという種類があります。今回は再生骨材の意味、種類、jis、再生骨材hとコンクリートの関係について説明します。骨材の意味は、下記が参考になります。

骨材とは?1分でわかる意味、種類、割合、粗骨材と細骨材の違い、コンクリートとの関係

再生骨材とは?

再生骨材とは、構造物を解体して生じたコンクリート塊を粉砕などして取り出した骨材です。1度コンクリートに利用した骨材を再利用するので、再生骨材といいます。


再生骨材


骨材の意味は、下記が参考になります。

骨材とは?1分でわかる意味、種類、割合、粗骨材と細骨材の違い、コンクリートとの関係

再生骨材の種類

再生骨材には3つの種類があります。種類と適用範囲を下記に示します。



上記より、再生骨材Hが最も高価、Lが最も安価です。最も高価な再生骨材Hは、その分、元コンクリートから骨材を取り出す方法も慎重です。再生骨材の種類ごとの骨材の取り出し方を下記に示します。


再生骨材とjis

再生骨材に関する詳細な規定はJISを確認しましょう。前述した種類に応じてJIS規格の番号が変わります。下記に示します。


再生骨材Hとコンクリートの関係

再生骨材をコンクリートの材料として使うとき、再生骨材Hが一般的です。公共工事標準仕様書などに明記あります。

まとめ

今回は再生骨材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。再生骨材は、解体されたコンクリート塊から破砕などして再利用した骨材です。再生骨材の種類が3つあること、再生骨材Hが最も品質の良い骨材だと覚えてくださいね。骨材の意味は、下記が参考になります。

骨材とは?1分でわかる意味、種類、割合、粗骨材と細骨材の違い、コンクリートとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 再生骨材とは?1分でわかる意味、種類、jis、再生骨材hとの関係