建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 細骨材率の基礎知識、すぐに分かる計算方法とスランプの関係

細骨材率の基礎知識、すぐに分かる計算方法とスランプの関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


細骨材率の意味をご存知でしょうか。細骨材率はコンクリートの配合に欠かせません。また、細骨材率はフレッシュコンクリート(以降、生コン)のワーカビリティに大きく影響します。今回は、そんな細骨材率の計算方法、スランプ、水セメント比との関係について説明します。※細骨材、ワーカビリティについては、下記が参考になります。

細骨材とは?1分でわかる意味、読み方、粗骨材との違い、割合

ワーカビリティとは?1分でわかる意味、スランプ、AE減水剤との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

細骨材率とは?

細骨材率は全骨材絶対容積と、細骨材の占める絶対容積との割合です。細骨材は「砂」をイメージしてください。逆に粗骨材は「石」です。細骨材率とは、砂と石を合わせた全骨材に対して、砂がどの割合入っているか示す値です。細骨材の詳細は下記をご覧ください。

細骨材とは?1分でわかる意味、読み方、粗骨材との違い、割合


細骨材率は、下式で計算します。


α=C/D×100


αは細骨材率、Cは細骨材の絶対容積、Dは全骨材の絶対容積です。細骨材率を計算する式はたったこれだけです。また、1m3当たりの水とセメント、空気の容積が決定すれば自然と全骨材の容積も分かります。※コンクリートの空気量については、下記が参考になります。

コンクリートの空気量とは?1分でわかる規格、単位、許容値、計算式


あとは、前述した細骨材率を与えればコンクリートの配合が決まるのです。建築で使われるコンクリートは、細骨材率が高めのようです(JASS5p250より)。細骨材率が高くなり過ぎると、単位セメント量や単位水量が大きくなります。さらに細かい砂が多くなるので、流動性が悪くなります。


そこで、ある程度粗骨材を入れるよう「単位粗骨材かさ容積」という値が決められています。必要最低限の粗骨材を入れるための値です。これは別の機会に詳しく説明しましょう。

細骨材率とワーカビリティの関係

前述したように、細骨材率はワーカビリティと大きく関係します。例えば、細骨材率を大きくすると、流動性の低いコンクリートとなります。水の中に沢山砂を入れると、混ぜにくくなるのと同じです。※ワーカビリティについては、下記が参考になります。

ワーカビリティとは?1分でわかる意味、スランプ、AE減水剤との関係


一方、細骨材率を小さくすると、今度は粗骨材とモルタルが分離しやすくなります。水の中にゴロゴロとした石を入れてください。水と石は一切、まとまりません。しかし、そこに砂をある程度入れると、石と砂、水がまとまります。


以上のように、細骨材率とワーカビリティは大きく関係します。細骨材率は、大き過ぎず、小さすぎない値とすべきです。

例題 細骨材率の計算方法

下記の条件での、細骨材率を計算してください。


絶対容積は下記である。


・水     180

・セメント  100

・細骨材   250

・空気量    40


細骨材率は、細骨材の絶対容積に対する、全骨材の絶対容積の割合でした。この条件では粗骨材の絶対容積が明記されていませんが、逆算が可能です。粗骨材の絶対容積は下記です。


粗骨材の絶対容積=1000-(180+100+250+40)=430

全骨材の絶対容積=250+430=680


よって細骨材率は、下記となります。


細骨材率=250/680×100=36.7%

細骨材率とスランプの関係

実は、細骨材とスランプの間に相関は少ないです。全く関係ないとは言えませんが、細骨材率を変えると、少しだけスランプ値が変化します。


スランプ値が16~22cmの範囲では、細骨材率を大きくすると、スランプ値も徐々に大きくなります。これは、水セメント比の大きさに関係なく同様の傾向を示します。※スランプ値については、下記が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

まとめ

今回は細骨材率について説明しました。細骨材率の意味や、細骨材率とワーカビリティの関係がわかって頂けたと思います。コンクリートの配合に必須の知識ですから、覚えておきましょう。下記も参考にしてください。

ワーカビリティとは?1分でわかる意味、スランプ、AE減水剤との関係

フレッシュコンクリートとは?1分でわかる意味、性質、試験、スランプ

細骨材とは?1分でわかる意味、読み方、粗骨材との違い、割合

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【こんな自己診断やってみませんか?】

【無料の自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 細骨材率の基礎知識、すぐに分かる計算方法とスランプの関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事