1. HOME > 構造計算の基礎 > jisとは?1分でわかる意味、建築との関係、材料、建築図面の記号

jisとは?1分でわかる意味、建築との関係、材料、建築図面の記号

jisとは、日本工業規格のことです。工業製品の品質を確保する規格です。jis製品にはjisマークがつけられます。建築物に使う構造材料は、基本的にjisかjas規格品を使います。今回は、jisの意味、建築との関係、材料、建築図面の記号について説明します。


※なお、建築物に使ってよい材料を、指定建築材料といいます。詳細は下記の記事が参考になります。

指定建築材料とは?1分でわかる意味、材料の一覧、JIS、あと施工アンカー

jisとは?

jisとは、日本工業規格のことです。工業製品の品質を確保する目的があります。Jisに認可された材料は、jisマークがついています。

jisの読み方

jisは「じす」と読みます。なお、似た用語でjasがあります。「じゃす」と読みます。なお、日本語では、


jis ⇒ 日本工業規格(にほんこうぎょうきかく)

jas ⇒ 日本農林規格(にほんのうりんきかく)


と読みます。

jisと建築で使う材料の関係

建築物の構造部材や、主要構造部に使ってよい材料は、「指定建築材料」とします。指定建築材料の中には、


・Jis規格品

・Jas規格品

・国土交通大臣の認定をうけたもの


があります。鉄筋コンクリート造や鉄骨造に使う材料は、jis規格品がほとんどです。木造建築物は、jas規格品とします。Jas規格品は「日本農林規格」です。※指定建築材料の意味は、下記の記事が参考になります。

指定建築材料とは?1分でわかる意味、材料の一覧、JIS、あと施工アンカー

jisと建築図面の記号

jisでは、製品だけでなく、「図面記号」も規定されます。建築で使う図面記号やハッチングが示されています。下記のjis規格が、建築製図に関する規定です。


jis A0150 建築製図通則


一級建築士試験は、2次試験で製図を行います。製図試験は手書きなので、記号を覚えていないと書けませんね。当然、適当な記号を書いては、合格できません。


ただし、実務では厳密にjisの建築記号によらないケースも多いです。「意味が通じればよい」という方もみえます。

Jis規格でなくても、一般的に使う材料

実は、建築物には、jis規格でないのに「一般的に使われる材料」があります。その1つが、


トルシア型高力ボルト(S10T)


です。トルシア型高力ボルトは、高力ボルトの種類の1つです。施工性が良いことから、ほとんどの鉄骨造で、S10Tを使います。S10Tはjis規格品では無いですが、国土交通大臣の認定を受けた材料です。


※トルシア型高力ボルトの意味、高力ボルトの特徴は、下記の記事が参考になります。

トルシア型ボルトとは?1分でわかる意味、特徴、重量、長さ、メーカー

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

まとめ

今回はjisについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。Jisは、日本工業規格のことです。工業製品の品質を確保する目的があります。建築材料は、jis規格品を使うことが多いです。指定建築材料の意味も、併せて理解しましょう。下記の記事が参考になります。

指定建築材料とは?1分でわかる意味、材料の一覧、JIS、あと施工アンカー


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > jisとは?1分でわかる意味、建築との関係、材料、建築図面の記号