1. HOME > 構造力学の基礎 > sd345の許容応力度は?1分でわかる値、鉄筋の許容応力度、計算式
スポンサーリンク

sd345の許容応力度は?1分でわかる値、鉄筋の許容応力度、計算式

sd345の許容応力度は、長期で215N/mu、短期で345N/muです。降伏点はjisで規定されますが、許容応力度および材料強度は、建築物の構造関係技術基準解説書に規定されます。今回は、sd345の許容応力度と値、鉄筋の許容応力度の計算式について説明します。sd345の規格、許容応力度の意味、構造関係技術基準解説書は、下記が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

sd345の許容応力度は?

sd345の許容応力度を、下記に示します。


長期許容応力度 ⇒ 215N/mu

短期許容応力度 ⇒ 345N/mu


短期許容応力度の値は、sd345の降伏点の下限値と一致します。sd345に限らず、異形鉄筋は「sd」の後に続く数字が、鉄筋の降伏点の下限値を表します。sd345の規格は、下記が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い


なお、sd345の引張強度は490N/mu以上と定義されます。その他、鉄筋にはsd295a、sd390などがあります。規格や特徴は下記が参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

sd390とは?1分でわかる意味、許容応力度、鉄筋径、ヤング率


許容応力度の意味は、下記が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

sd345と鉄筋の許容応力度、計算式

sd345を含め、鉄筋の許容応力度は、下記の書籍に定義されます。


sd345の材料強度F値は、


345N/mu


です。材料強度、F値の意味は、下記が参考になります。

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係


F値を用いて、sd345の許容応力度は、下記の通り定義されます。


長期許容応力度 ⇒ F/1.5(ただし、215を超える場合、215とする)

短期許容応力度 ⇒ F


上記より、短期許容応力度は345N/muです。長期許容応力度を計算すると、


F/1.5=345/1.5=230>215


なので、長期許容応力度は215N/muです。


構造計算の実務では、sd345の許容応力度は度々使います。215、345の値は、暗記すると良いでしょう。また、sd295aの値も同様です(長期195、短期295)。

まとめ

今回はsd345の許容応力度について説明しました。意味や計算方法が理解頂けたと思います。sd345に限らず、鉄筋の材料強度や許容応力度は、構造関係技術基準解説書(以下、黄色本)に定義されます。jisだけを読んでも、なぜ「215N/mu」になるのか理解できません。構造設計では黄色本は必須です。材料の許容応力度に関する告示は、是非目を通してくださいね。下記も参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > sd345の許容応力度は?1分でわかる値、鉄筋の許容応力度、計算式
  2. -->