1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋のd29とは?1分でわかる意味、重量、外径、sd345の関係、材質

鉄筋のd29とは?1分でわかる意味、重量、外径、sd345の関係、材質

異形鉄筋のd29は、比較的径の大きな鉄筋です。柱や地中大梁の主筋、階数の大きな建築物の一般階大梁の主筋に使います。小梁には使いません。今回は、鉄筋のd29の意味、重量、外径、sd345との関係、d29の材質について説明します。※他鉄筋のサイズ、重量、鉄筋の材質は、下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

鉄筋のd29とは?

鉄筋径のd29は、比較的大きな径の鉄筋です。柱や大梁に使います。小梁には使いません。また、d29の鉄筋は材質をsd390にします。sd390は長期許容応力度がsd345より小さいです(sd390は195、sd345は215)。よって、長期荷重の影響が大きな梁に、d29を使うのは望ましくないです。


なお、鉄筋の許容応力度は、下記の記事が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い


一方で短期荷重の影響が大きい部材では、鉄筋が足りなければd29を使います。例えば、杭に生じる曲げモーメントは地中梁で伝達します。杭曲げが大きいと、短期許容応力度も大きなd29を使います。


杭頭とフーチングを一体化するために杭頭補強筋をいれます。杭頭曲げが大きい場合、d29の鉄筋を使います。杭頭補強筋は、下記の記事が参考になります。

杭頭補強筋の設計


d29は比較的、鉄筋径が大きいので「鉄筋のあき」も大きいです。梁幅と鉄筋本数の関係に注意しましょう(鉄筋が並ぶか)。特に、柱面と梁面を合わせる場合、柱の主筋分、梁主筋が内側に入ります。梁幅が足りるのか確認しましょう。

鉄筋のd29と重量、外径

d29の重量と外径を下図に示します。

D29の質量

通常、鉄筋は軽いですが、d29は径が大きく質量も重いです。他鉄筋の重量、サイズは下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋のd29とsd345と材質

d29の材質は、sd390が一般的です。Sd345とする鉄筋径はD19〜D25です。下図を見てください。鉄筋の単価を示しました。D10ではsd345が一般流通していないとわかります。

d29とsd345の関係

まとめ

今回はd29について説明しました。意味が理解頂けたと思います。d29は、異形鉄筋の1つです。比較的大きな径の鉄筋で、大梁や柱、杭頭補強筋に使います。小梁には使わないので注意してください。鉄筋のサイズ、重量は下記の記事も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋のd29とは?1分でわかる意味、重量、外径、sd345の関係、材質