1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > sd345とd13の関係は?1分でわかる関係、規格、重量、引張強度
スポンサーリンク

sd345とd13の関係は?1分でわかる関係、規格、重量、引張強度

sd345は、主にD19〜D25の鉄筋径に用いる材質です。sd345のd13は一般的では無いです。よって、単価も高くなります。D13の鉄筋径を使う場合、sd295aを用います。今回は、sd345とd13の関係、規格、重量、引張強度について説明します。鉄筋サイズと材質の関係は、下記が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格


sd345、d13の規格は下記が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係

sd345のd13とは?

sd345のd13は一般的に使いません。鉄筋径と材質には、下記の関係があります。


d10〜d16 SD295A

d19〜d25 SD345

d29〜 SD390


構造設計では、普通、上記の鉄筋径と材質はセットで扱います。sd345の材質にしたければ、d19以上の鉄筋径を使うのが普通です。逆に、d13の鉄筋径を使いたければ、自然と、材質はsd295aになります。


ただし、鉄筋メーカーではd13の径でも、材質をsd345として製造可能です。可能ですが、けっして常用的に用いません。


構造図や構造計算で、d13にsd345を適用しないよう注意しましょう。また、常用的に使わない鉄筋径と材質のセットなので、当然、単価も高くなります(特注品のため)。


sd345、d13の規格は、下記が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係

sd345、d13の規格、重量

sd345、d13の規格、重量を下記に示します。なお、鉄筋の材質がsd295aからsd345に代わっても、鉄筋の重量は同じです。鉄筋の重量は、鉄筋径により左右されます。下図にsd345の規格を示します。

sd345機械的性質

D13の重量を、下記に示します。


D13 0.995 kg/m


なお、鉄筋の重量は「単位重量」で表すのが普通です。単位重量の意味は、下記が参考になります。

単位重量とは?1分でわかる意味、単位、計算方法、h鋼や鉄筋の単位重量

sd345の引張強度

sd345の引張強度は、


490N/mu以上


と、jisに規定されます。引張強度の意味は、下記が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号


その他、sd345の降伏点、長期許容応力度、短期許容応力度は、下記の通りです。


降伏点 215N/mu

長期許容応力度 215N/mu

短期許容応力度 345N/mu


降伏点、sd345の許容応力度は、下記が参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

まとめ

今回はSd345とd13の関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。一般的に、Sd345のd13は使いません。Sd345を使う場合、鉄筋径は必ずd19〜d25とします。また、d13を使うなら、鉄筋の材質はsd295aです。鉄筋径と材質の関係を覚えてくださいね。下記も参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > sd345とd13の関係は?1分でわかる関係、規格、重量、引張強度