1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の支持力係数は?1分でわかる意味、支持力計算、打撃杭、埋込み杭との関係

杭の支持力係数は?1分でわかる意味、支持力計算、打撃杭、埋込み杭との関係

杭の支持力係数とは、打ち込み杭、埋め込み杭、場所打ち杭、その他杭工法により異なる、支持力に関係する値です。支持力係数が大きいほど、杭の支持力も大きいです。今回は杭の支持力係数の意味、支持力計算、打撃杭、埋め込み杭との関係について説明します。


杭の支持力の計算方法、打ち込み杭の意味は下記が参考になります。

極限支持力とは?1分でわかる意味、許容支持力との違い、求め方、安全率

杭の支持力係数は?

杭の支持力係数とは、打ち込み杭、埋め込み杭、場所打ち杭、杭メーカーの工法により異なる値です。建築基準法では、下記の値が指定されています。なお、支持力係数の記号は「α(あるふぁ)」です。


打ち込み杭 α=300

埋め込み杭 α=200

場所打ち杭 α=150


杭の先端支持力(極限支持力)は下式で計算します。


Ru=αNAp


NはN値、Apは杭の有効断面積です。上式より、杭の支持力係数が大きいほど、支持力も大きいです。


現在、最も使用されている杭は、埋め込み杭です。支持力の計算式に、埋め込み杭の支持力係数を代入すると、


Ru=200NAp


です。上式を暗記すると、概算での杭本数や杭径の見当がつきます(長期の検討は、上式の値を1/3、短期は2/3しましょう)。


杭の支持力計算は、下記の記事も参考になります。

極限支持力とは?1分でわかる意味、許容支持力との違い、求め方、安全率


杭工法は、各メーカーが色々な方法を提案しています。メーカー独自の実験や研究により、大臣認定を取得した杭は、埋め込み杭でも支持力係数200を超えるものが多いです。JscaのHPに、大臣認定を取得した杭工法の一覧があります。支持力係数が200を超える杭も多いので、一度確認すると良いでしょう。

http://www.jsca.or.jp/vol5/25tec_info/20110713/Table2011.php

杭の支持力係数と打撃杭、埋込み杭の関係

前述した、杭の支持力係数をみると打撃杭で300、埋め込み杭で200でした。同じ杭径でも、打撃杭の方が1.5倍も支持力が大きいです。ただ、打撃杭は杭を打設するときの音が響き、騒音・振動の問題があります。近隣に影響が無ければ使用できますが、現在はほとんど使いません。打撃杭の詳細は、下記が参考になります。

打込み杭とは?1分でわかる意味、特徴、支持力、埋め込み杭との違い

まとめ

今回は杭の支持力係数について説明しました。意味が理解頂けたと思います。支持力係数は、杭の工法ごとに異なる支持力に影響する値です。支持力係数が大きいほど、支持力も大きくなります。各工法のα、杭メーカーのαを確認すると良いですね。支持力の計算式も併せて勉強してくださいね。

極限支持力とは?1分でわかる意味、許容支持力との違い、求め方、安全率


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の支持力係数は?1分でわかる意味、支持力計算、打撃杭、埋込み杭との関係