1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 転圧とは?1分でわかる意味、締固めとの違い、ローラー、ランマ―、砕石や砂との関係
スポンサーリンク

転圧とは?1分でわかる意味、締固めとの違い、ローラー、ランマ―、砕石や砂との関係

転圧とは、ローラーやランマ―などを用いて、土を締め固めることです。土の密度を高め、安定化を図ります。例えば、根切り底など乱された土に対して転圧を行います。今回は、転圧の意味、締固めとの違い、ローラー、ランマ―、砕石や砂との関係について説明します。下記も参考になります。

床付けとは?1分でわかる意味、転圧、砕石の関係

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

転圧とは?

転圧とは、ローラーやランマ―などを用いて、土を締め固めることです。下図をみてください。乱された土や、密度が小さい砂の上は、柔らかくて不安定です。


転圧と乱された土


そこで転圧を行い、土を締固めます。土を締め固めると密度が大きくなり(体積が小さくなるからですね)、安定性が増します。


掘削した根切り底など乱された土では転圧を行います。根切り底、乱された土の意味は、下記が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

床付けとは?1分でわかる意味、転圧、砕石の関係

スポンサーリンク

転圧の読み方

転圧は「てんあつ」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


締固め ⇒ しめかため

転圧と締固めの違い

転圧と締固めの違いを下記に示します。


転圧 ⇒ 締固めの種類の1つ。ローラー(ロードローラーなど)やランマ―を用いて土を締め固めること

締固め ⇒ 土(砂など)に圧縮力を加え、密度を大きくすること。

転圧とローラー、ランマ―、砕石や砂との関係

転圧を行うとき、ローラーやランマ―を用います。使用する転圧機械により、締固めの効果も変わります。


当然、ロードローラーやタイヤローラーなどの大型機械の方が、ランマ―より転圧範囲が広いです。これらは機械の自重(機械自身の重さ)で締め固めます。一方、ランマ―は小型機械で自重は小さいですが、振動を与えるため転圧効果は高いです。


転圧機械の特性に応じて、「砕石の締固め」「砂の締固め」などを使い分けます。転圧機械の種類も併せて調べてみましょう。

まとめ

今回は転圧の意味について説明しました。理解頂けたと思います。転圧は、土を締め固めることです。乱された土などの密度を高め、安定化を図ります。転圧では、転圧機械を用います。転圧機械の種類は、ローラーやランマ―がありますが、さらに細かく種類があるので調べてくださいね。下記も参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

床付けとは?1分でわかる意味、転圧、砕石の関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 転圧とは?1分でわかる意味、締固めとの違い、ローラー、ランマ―、砕石や砂との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事