1. HOME > 鋼構造の基礎 > ダブルナットとは?1分でわかる意味、絞め方の手順、スプリングワッシャーとの違い

ダブルナットとは?1分でわかる意味、絞め方の手順、スプリングワッシャーとの違い

ダブルナットとは、2つ付けたナットのことです。振動に対する戻り止めとしてダブルナットを用います。アンカーボルトは必ずダブルナットとします。今回は、ダブルナットの意味、絞め方の手順、スプリングワッシャーとの違いについて説明します。


高力ボルトやアンカーボルトの締め方は、下記の記事が参考になります。

1次締めとは?1分でわかる意味、1次締めトルク、理由、マーキング


ナットの規格は、下記の記事が参考になります。

ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き

ダブルナットとは?

ダブルナットは、2つ付けたナットのことです。振動や繰り返し応力に対する戻り止めとして、ダブルナットを使います。下図をみてください。これがダブルナットです。

ダブルナット

アンカーボルトは、必ずダブルナットとします。アンカーボルトは、柱脚に用います。柱脚は、構造部材の中でも特に重要な箇所ですね。※柱脚は下記の記事が参考になります。

柱脚の種類


ダブルナットで、下側のナットを「下ナット」、上側のナットを「上ナット」といいます。


ナットで締め付けることで、高力ボルトに所定の張力が導入されます。振動や繰り返し応力で緩むと、張力が抜けます。これでは、接合部の耐力が満足に得られません。

ダブルナットの締め方の手順

ダブルナットは、絞め方の手順があります。下記に締め方を整理しました。


・下ナットの1次締め

・マーキング

・下ナットの本締め

・上ナットの締め付け


下ナットは、通常の高力ボルトの締め付けに必要なナットのことです。1次締め〜本締めまでの工程は、高力ボルトの締め方と同様です。※詳細は、下記の記事が参考になります。

1次締めとは?1分でわかる意味、1次締めトルク、理由、マーキング


下ナットの本締め後、上ナットを締め付けます。なお、上ナットを締めるとき、下ナットをスパナ等で押えて行います。

ダブルナットのスプリングワッシャーとの違い

ダブルナットとスプリングワッシャーの違いを下記に整理しました。両方とも、ナットの戻り止めとして機能します。


ダブルナット ⇒ 名前の通り、ナットを2つ付けることです。上側のナットが戻り止めとして機能します。

スプリングワッシャー ⇒ ばね座金ともいいます。バネ形状をした座金を母材とナットの間にかませます。バネが閉じるまでナットを締め付けます。

まとめ

今回はダブルナットについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ダブルナットは、2つ付けたナットのことです。振動や繰り返し応力に対する戻り止めとして用います。アンカーボルトでは、必ずダブルナットとすることを覚えてください。ダブルナットの締め方の手順も理解しましょうね。下記の記事も併せて参考にしてください。

1次締めとは?1分でわかる意味、1次締めトルク、理由、マーキング

ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ダブルナットとは?1分でわかる意味、絞め方の手順、スプリングワッシャーとの違い