1. HOME > 鋼構造の基礎 > ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き、使い方

ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き、使い方

ナットとは、ボルトを締めつける金具の1つです。ナットは、ボルト、ワッシャー(座金)と一緒に使うもので(ナットだけでは意味がない)。今回はナットの寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き、使い方について説明します。

ナットの寸法一覧

ナットの寸法を下記に示します。図の記号を参照しながら寸法を確認してくださいね。

ナットの規格

ナットの寸法一覧

ナットとは?

ナットとは、ボルトを締めつける金具の1つです。下図をみてください。板を締め付けるとき、ボルトと座金、ナットが必要です。ナットを時計回りに締め付けることで、接合部が一体化されます。

ボルトとナットの関係

高力ボルトの締め付けでは、ナット1つですが、アンカーボルトの締め付けでは緩み止めとして、ナットを二重にします。アンカーボルトについては下記の記事が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

ナットの締め方

建築物の接合部は、主に高力ボルト接合とします。高力ボルトは、ナットの締め方(ボルトの締め付け方)が下記の2通りあります。


ナット回転法

ナット回転法とは?3分でわかる施工方法と特徴


トルクコントロール法


ナット回転法は、ナットの回転角度を制御することで所定の締付力を与える方法です。トルクコントロール法は、所定の締付力をトルクで制御する方法です。最近では、施工精度が良いトルクコントロール法が主流です。


但し六角高力ボルト(F10T)では、ナット回転法しか使えません。

ナットの向きと使い方

ナットには正しい向きがあります。この向きを間違えると、ボルトの締め付けが適切に行われないため注意してくださいね。下図の下側が座金と密着する側(内側)で、上側の面取りしてある部分が外側です。

ナットの向きと使い方

ナットとボルトの違い

下図をみれば、ナットとボルトの違いがわかりますね。

ナットとボルトの違い

まとめ

今回はナットについて説明しました。ナットの意味が理解頂けたと思います。ナットの寸法は覚えなくても良いでしょう。但し、柱脚部や部材が集まる箇所ではナットの高さが納まりに影響するため、注意したいですね。※併せて、高力ボルトについても勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き、使い方