建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定/li>

断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


ブレースに用いる部材には、チャンネル(溝形鋼)やアングルがあります。チャンネルやアングルは、左右非対称の断面です。よってブレースに軸力が作用すると「偏心曲げ」が発生します。引張力が作用するブレースでは、偏心曲げの影響を考慮して「有効断面積」を用いて、断面算定を行うのです。今回は、断面積と有効断面積の違い、ブレースの断面算定について説明します。※チャンネル(溝形鋼)やアングル、ブレースについては、下記が参考になります。

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い

ブレース構造とは何か?

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

有効断面積と断面積ってなに?

引張材の断面算定は、必ず有効断面積を使います。有効断面積とは、部材の実際の断面積よりも小さい値で、外力に対して「有効に負担する断面積」です。※引張材の断面算定については、下記が参考になります。

引張材の断面算定


前述したように、チャンネルやアングル材によるブレースは、左右非対称の部材であるため偏心曲げを考慮し、実際の断面積より小さい値(すなわち有効断面積)を、断面算定に使います。さらに、ガセットプレートに取り付けるためボルトが必要ですが、穴の欠損分だけ断面積は少なくなります


また丸鋼ブレースでは、丸鋼のネジ部が切り欠いてあるため、断面積は小さくなります。


このような、見掛けの断面積に対して、実際の断面積を「有効断面積」と呼びます。さて、丸鋼の有効断面積は、



で、簡単です。では、アングル材の有効断面積は、どのように算定すれば良いでしょうか。※アングル材については、下記が参考になります。

建築のアングルとは?1分でわかる意味、使い方、意味、用途、チャンネルとの違い

アングル材の有効断面積

まず、アングル材は下図のようにガセットプレートに高力ボルトで接合します。ガセットプレートは柱梁に溶接します。


有効断面積と断面積1


※ガセットプレートについては、下記が参考になります。

ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み


よって、穴により欠損した断面積を元のアングル材断面積から引きます。さらに、アングルやチャンネル材は、下図のように突出脚先端部を無視するという規定があります。この突出脚長さhnは接合するボルト本数が多ければ多いほど、控除する値が少なくなります。ですから、なるべく多くのボルトで留める方が、多くの有効断面積を取れるという意味でも有利なのです。


有効断面積と断面積2


例えばアングル材のhn(突出脚長さ)は下記のように定められています。



どうですか?ボルト2本で留めていても、片面は7割も断面積が控除されてしまいます。ということは、元の断面積の6割くらいしか残っていないことになりますね。


さて、以上を踏まえるとアングル材の有効断面積は下式で算定できます。


有効断面積と断面積3


Ajは有効断面積、Agは元の断面積、Adが穴の欠損断面積、hnは無視する突出脚長さ、tはアングル材の板厚です。


以上のように、アングル材の設計では思っているよりも有効断面積は小さくなります。元の断面積で計算した部材よりも1回り大きくなるかもしれませんので、忘れないように有効断面積を求めておきましょうね。

まとめ

今回は断面積と有効断面積について説明しました。ブレースの断面算定の基本的な考え方ですから、覚えておきましょう。また、ブレースの保有耐力接合も大切な項目です。下記も併せて学習しましょう。

有効断面積比とは?1分でわかる意味、計算方法、降伏比、有効断面積との関係

接合部の保有耐力接合と計算方法

保有耐力接合の演習問題と詳細な説明

接合部に関する許容応力度設計について

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事