1. HOME > 鋼構造の基礎 > 座屈拘束ブレースってなに?1分でわかる座屈拘束ブレースの意味と特徴

座屈拘束ブレースってなに?1分でわかる座屈拘束ブレースの意味と特徴

座屈拘束ブレースをご存じでしょうか。建築業界にいる人でも滅多に聞くことは無いと思います。座屈拘束ブレースとは、構造部材の1つです。今回は、そんな座屈拘束ブレースの意味と特徴について説明します。

座屈拘束ブレースってなに?

座屈拘束ブレースとは、その名の通り「座屈を拘束するブレース」です。座屈拘束ブレースは「座屈が起きません」。座屈が起きないので、圧縮側と引張側と同じようにF値が期待できます。


つまり在来ブレースよりも耐力が大きいので、小さい部材にすることが可能です。座屈拘束ブレースは各鋼材メーカーが開発しており、新日鉄住金やJFEなど大手メーカーの製品があります。


ブレースについて少し補足します。ブレースは圧縮荷重を負担させません(アングルやチャンネル材を使えば圧縮耐力の負担も可能ですが、面倒なので引張だけ持たせるためタスキ掛けブレースにするなど)。


ブレースに圧縮力を負担させる場合、ブレースの耐力は座屈耐力で決まります。座屈耐力は引張耐力に比べて半分以下になることもあり、ブレース断面が大きくなるのです。また計算自体も少し複雑になります。


それらの問題点を解消したブレースが、座屈拘束ブレースと言えるでしょう。

座屈拘束ブレースの特徴

座屈拘束ブレースの特徴は、「座屈を拘束すること」です。ではどうやって、座屈が起きないようにしているのか。各社で違いはありますが、例えば新日鉄住金のアンボンドブレースは、ブレースの芯材の周りに干渉材が詰められており、これが座屈を拘束します。


JFEの座屈拘束ブレースは、二重管ブレースといって座屈を拘束する鋼管の中に、鋼管ブレースがあります。鋼管ブレースが座屈をするとき、外側の鋼管に当って座屈が拘束される仕組みです。

まとめ

今回は座屈拘束ブレースについて説明しました。その名の通り、座屈を拘束するブレースでしたね。私は1度だけ座屈拘束ブレースを用いた建物の設計を行ったことがあります。ブレースが引張にも圧縮にも効く合理的なブレースでした。


デザイン的にも在来ブレースより優れている点も意匠に好まれます。この機会に座屈拘束ブレースの意味だけでも覚えておきましょう。

※なお、ブレースに関しては下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 座屈拘束ブレースってなに?1分でわかる座屈拘束ブレースの意味と特徴