1. HOME > 鋼構造の基礎 > 腐食代とは?1分でわかる意味、設計、腐食速度、鋼管杭との関係

腐食代とは?1分でわかる意味、設計、腐食速度、鋼管杭との関係

腐食代とは、腐食を見込んだ厚みのことです。地中は、水分、微生物など、鋼が腐食する環境が揃っています。そこで、あらかじめ腐食する厚みを見込んでおき、余分に鋼管厚を大きくします。今回は、腐食代の意味、設計、腐食速度、鋼管杭との関係について説明します。鋼管杭の特徴は、下記の記事が参考になります。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類

イーゼットとは?1分でわかる意味、支持力、施工方法、長さ、羽根付き

腐食代とは?

腐食代とは、鋼管が腐食することを考慮して、予め大きくした板厚の部分です。下図をみてください。これが腐食代です。

腐食代

地中は、地下水があり微生物が生息します。これらは簡単に鋼を腐食させます。地中に埋める構造部材として、「鋼管杭」があります。杭は建物を支持する部材です。腐食しては建物を支えられません。よって、鋼管杭は必ず腐食代を見込んで、板厚を大きくします。


腐食代は、通常、「1mm」を考慮します。鋼管杭では外周に1mm、H形鋼杭はフランジとウェブの板厚両側に1mm見込みます。


鋼管杭の中には、海洋に設置する場合もあります。地中よりも腐食の可能性が高いため、腐食代を見込むだけでなく、ポリマー素材を被覆した鋼管杭が使われています(より、腐食しにくい)。

腐食代と鋼管杭の設計

鋼管杭の計算では、腐食代部分の強度など考慮しません。例えば、鋼管厚が12.7mmとします。このうち、腐食代を1mmとするので、計算上は、


t=12.7−2=10.7


で鋼管杭の計算を行います。鋼管の腐食代は、外周部1mmを考慮するので、直径で2mm控除される計算です。※鋼管杭の特徴は、下記の記事が参考になります。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類


鋼管杭メーカーのカタログを読むと、腐食代を1mm、2mm考慮した断面性能がのっています。


なお鋼管杭の厚みは、


t=6.0〜16.0mm


程度まで1mm刻みで大きくできます。

腐食代と腐食速度の関係

腐食速度は、まだ研究が進んでいない分野ですが、1年間で0.01mm腐食と言われています。腐食代は、1mm考慮するので、100年分の腐食を考慮した計算ですね。

腐食代 読み方

腐食代は「ふしょくしろ」と読みます。

まとめ

今回は腐食代について説明しました。意味が理解頂けたと思います。腐食代は、腐食を考慮した部分の板厚です。地中部は、地下水や微生物の影響で、鋼が腐食しやすいです。あらかじめ腐食する厚み部分を考慮します。腐食代の意味を理解しましょう。また、鋼管杭の特徴など、下記の記事も併せて参考にしてください。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類

イーゼットとは?1分でわかる意味、支持力、施工方法、長さ、羽根付き


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 腐食代とは?1分でわかる意味、設計、腐食速度、鋼管杭との関係