1. HOME > 基礎構造を学ぶ > イーゼットとは?1分でわかる意味、支持力、施工方法、長さ、羽根付き鋼管杭との関係
スポンサーリンク

イーゼットとは?1分でわかる意味、支持力、施工方法、長さ、羽根付き鋼管杭との関係

イーゼットは旭化成建材株式会社による羽根付き鋼管杭です。鋼管杭の多くは、回転埋設工法を採用します。イーゼットも、回転埋設工法により施工し、支持力を得ます。今回は、イーゼット工法の意味、支持力、施工方法、杭の長さ、羽根付き鋼管杭との関係について説明します。※鋼管杭の意味は、下記の記事が参考になります。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類

イーゼットとは?

イーゼットは、旭化成建材による羽根付き鋼管杭の1つです。羽根付き鋼管杭は、杭先端に杭本体の径より大きな羽根が付いています。この羽根が地盤を支え、比較的大きな支持力が得られます。


私が実際にイーゼット工法を利用して感じた特徴を下記に示します。


・敷地が狭い建物で活躍する

・引き抜き抵抗力が期待できる


一番の特徴は、狭い敷地で利用できることです。コンクリート径の杭に比べて、イーゼット工法の杭打機はコンパクトです。狭い敷地でも難なく打設可能なので、既存建築物や狭い敷地により、施工範囲が限られる現場で活躍します。


現場の施工範囲から、「今回は羽根付き鋼管杭が妥当」という場面が何度かありました。


また、イーゼットは羽根付き鋼管杭です。羽根が引き抜き方向にも高い支持力を示します。

イーゼットの支持力

杭の支持力は、概ね杭の有効断面積と支持力係数で決まります。イーゼットは、支持力係数が打ち込み杭と同等で、比較的高い値です。


杭径は細径なので、大きな支持力はとれませんが、住宅や事務所程度の建築物なら、対応可能です。


杭の支持力の計算式は、下記の記事が参考になります。

極限支持力とは?1分でわかる意味、許容支持力との違い、求め方、安全率

イーゼットの施工方法

イーゼットの施工は、回転埋設工法です。杭先端の羽根が、地盤を掘削可能な形状をしています。杭を回転させ、地盤を掘削しながら打設します。掘削と打設を同時に行えるので、排土がありません。※回転埋設工法の詳細は、下記の記事も参考になります。

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類

イーゼットの杭の長さ

イーゼット工法の杭長は、杭本体径の130倍以下とします。

イーゼットと羽根付き鋼管杭との関係

イーゼットは、羽根付き鋼管杭の1つです。羽根付き鋼管杭の工法は、イーゼットだけでなく


・G-ECSパイル

・つばさ杭

・NSエコパイル


など各メーカーの製品があります。

まとめ

今回はイーゼットについて説明しました。イーゼットの特徴など理解頂けたと思います。イーゼットは、羽根付き鋼管杭の1つです。施工範囲に制限のある、狭小建築物の基礎に活躍します。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

鋼管杭とは?1分でわかる意味、特徴、施工方法、メーカーの種類


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > イーゼットとは?1分でわかる意味、支持力、施工方法、長さ、羽根付き鋼管杭との関係