1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溶接継目とは?1分でわかる意味、読み方、種類、強度、隅肉溶接と完全溶け込み溶接
スポンサーリンク

溶接継目とは?1分でわかる意味、読み方、種類、強度、隅肉溶接と完全溶け込み溶接

溶接継目(ようせつつぎめ)とは、溶接により2つの部材を繋ぎ合わせた部分です。溶接によるつなぎ目です。今回は溶接継目の意味、読み方、種類、強度、隅肉溶接と完全溶け込み溶接の関係について説明します。溶接の種類、強度の詳細は、下記が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

溶接継目とは?

溶接継目とは、溶接により2つの部材を繋ぎ合わせた部分です。下図をみてください。この部分が溶接継目です。


溶接継目


簡単に言うと、「溶接した部分」が溶接継目です。また、溶接継目には色々な種類があります。下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接継目の読み方

溶接継目は「ようせつつぎめ」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


溶接継手 ⇒ ようせつつぎて

隅肉溶接 ⇒ すみにくようせつ

完全溶け込み溶接 ⇒ かんぜんとけこみようせつ

開先 ⇒ かいさき

溶接継目の種類

溶接継目の種類には、下記があります。


開先溶接(完全溶け込み溶接、部分溶け込み溶接、フレア溶接)

隅肉溶接

栓溶接

肉盛溶接


溶接継目の中で一般的なのが、開先溶接と隅肉溶接です。開先溶接は、溶接する部材に開先を設け、溶着金属と部材を一体化します。完全溶け込み溶接を行えば、2つの母材は完全に一体化します。完全溶け込み溶接の意味は、下記が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


部分溶け込み溶接は、部分的に開先をとり溶接する方法です。部分溶け込み溶接の詳細は、下記が参考になります。

部分溶け込み溶接とは?3分でわかる強度の計算、のど厚、開先の考え方


フレア溶接の詳細は、下記が参考になります。

フレア溶接とは?1分でわかる意味、脚長、のど厚、記号


隅肉溶接は、板と板を重ねること、板と板を直角に配置して溶着する方法です。開先は設けません。完全溶け込み溶接に比べて、接合部の耐力は小さく、2つの部材は完全に一体化していません。

溶接継目の強度

溶接継目の強度は、完全溶け込み溶接と隅肉溶接で計算が違います。詳細は、下記の記事が参考になります。

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

溶接継目と隅肉溶接、完全溶け込み溶接

溶接継目の中でも隅肉溶接と完全溶け込み溶接は一般的な溶接方法です。溶接の方法、強度、特徴など、是非理解しましょう。下記が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

溶接記号の描き方と基礎知識について

まとめ

今回は溶接継目について説明しました。意味が理解頂けたと思います。溶接継目は、溶接により2つの部材を繋ぎ合わせた部分です。溶接した部分と考えてよいでしょう。溶接継目の種類、特に隅肉溶接と完全溶け込み溶接は覚えましょう。下記の記事も勉強してくださいね。

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 >溶接継目とは?1分でわかる意味、読み方、種類、強度、隅肉溶接と完全溶け込み溶接