1. HOME > 構造計算の基礎 > 大壁とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、真壁との違い

大壁とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、真壁との違い

大壁とは、木造で柱の外側から張る壁のことです。柱は壁の内側に隠れます。逆に、柱と柱の間に壁を仕上げる方法を、真壁といいます。今回は、大壁の意味、読み方、メリット、真壁との違いについて説明します。※木造建築の特徴は、下記の記事が参考になります。

建築基準法にみる「木造の構造方法」のTIPS

大壁とは?

大壁とは、木造建築で、柱の外側から張る壁のことです。下図をみてください。柱の外側に壁があります。これが大壁です。柱は壁に隠れて見えません。

大壁

洋風建築では、大壁にすることが多いです。後述する真壁に比べて、施工が簡単です。また、柱が見えないので、少々節があっても、外観・内観上問題ないです。

大壁の読み方

大壁の読み方は、「おおかべ」です。真壁は「しんかべ」と読みます。

大壁のメリットとデメリット

大壁のメリットを下記に整理しました。


・施工が簡単

・コストが安い


大壁は、真壁に比べて施工が簡単です。柱の外側に壁があるので、壁から柱に向けて釘を打ち留めます。一方、真壁は柱と柱の間に壁を仕上げるので、柱に「ちりじゃくり」を設けるなど、細工が必要です。大壁は施工が簡単な分、コストも安いです。


大壁のデメリットは、


真壁に比べて部屋が狭くなること


です。下図をみてください。真壁と大壁の断面図です。大壁は、柱の太さ分、壁が部屋の内側にでてきます。真壁は、柱の断面の中に仕上がるので、部屋の大きさが変わりますね。元々狭い空間を、大壁で仕上げると、部屋が狭く感じるでしょう。

大壁と真壁の違い大壁と真壁の違い

大壁と真壁の違い

大壁と真壁の違いを下記に整理しました。


大壁 ⇒ 柱の外側に仕上げた壁のこと

真壁 ⇒ 柱の中に仕上げた壁のこと


大壁では、柱の外側に壁を仕上げます。よって、柱の断面は見えません。施工が簡単で、コストも安いです。


一方、真壁は柱と柱の間に壁を仕上げます。柱の断面が部屋の内側や、建物の外側から見えます。柱を見せた時は、真壁とします。ただし、壁が納まるよう柱に細工が必要です。

大壁と真壁の違い大壁と真壁の違い

まとめ

今回は大壁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。大壁の意味、真壁との違いを覚えましょう。また、大壁のメリット・デメリットを理解してください。下記の記事も併せて参考になります。

建築基準法にみる「木造の構造方法」のTIPS


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 大壁とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、真壁との違い