1. HOME > 構造計算の基礎 > 妻壁とは?1分でわかる意味、読み方、桁壁、袖壁、マンションとの関係
スポンサーリンク

妻壁とは?1分でわかる意味、読み方、桁壁、袖壁、マンションとの関係

妻壁(つまかべ)とは、建物の短手方向の外壁です。建物の短手方向を妻方向といいます。なお長手方向は桁行です。今回は妻壁の意味、読み方、桁壁、袖壁、マンションとの関係について説明します。妻方向、桁行方向、壁の意味は下記が参考になります。

桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

妻壁とは?

妻壁(つまかべ)とは、建物の短手方向の外壁です。下図をみてください。これが妻壁です。

妻壁

居住空間を確保する建築物の、ほぼ全てに妻壁はあります。妻壁は外壁です。外壁が無ければ、建物としての機能を満足しないからです(例えば、防犯上、プライバシー、遮音など)。外壁の意味、目的は下記が参考になります。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

妻壁の読み方

妻壁は、「つまかべ」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


桁壁 ⇒ けたかべ

袖壁 ⇒ そでかべ

戸境壁 ⇒ こざかいかべ

妻壁と桁壁、袖壁、戸境壁の違い

妻壁と桁壁、袖壁、戸境壁の違いを下記に示します。


妻壁 ⇒ 建物の短手方向の外壁。

桁壁 ⇒ 建物の長手方向の外壁。

袖壁 ⇒ 柱脇に取り付く壁。外壁または内壁ともに袖壁はある。

戸境壁 ⇒ マンション(集合住宅)の、各住戸を仕切る壁。

妻壁とマンションの関係

マンションにも妻壁があります。下図をみてください。マンションのある階の平面図です。妻壁、袖壁、桁壁、戸境壁を示しました。

マンションと妻壁

マンションに住んでいる方はご存知だと思います。自分の部屋と隣の部屋を仕切る壁を、手で叩いてみましょう。重く鈍い音が返ってきます。


戸境壁は、部屋と部屋を仕切るため、遮音性が求められます。よって鉄筋コンクリート造にするのが普通です。戸境壁は開口を設けないため、耐震壁となります。耐震壁の意味は、下記が参考になります。

耐震壁と耐力壁の違い


一方、桁行方向の壁や、窓の横側の壁を叩いてみると、高い音が響きます。鉄筋コンクリートでないことは明らかです。

まとめ

今回は妻壁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。妻壁の読み方、桁壁、袖壁、戸境壁との関係を覚えましょう。マンションにお住まいの方は、自分の部屋の壁を叩いてみて、戸境壁を確認するのも面白いですね。外壁、耐震壁の意味など、下記の記事も勉強しましょうね。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

耐震壁と耐力壁の違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 妻壁とは?1分でわかる意味、読み方、桁壁、袖壁、マンションとの関係