1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁倍率とは?1分でわかる意味、筋交い、一覧、土壁の値、石膏ボード

壁倍率とは?1分でわかる意味、筋交い、一覧、土壁の値、石膏ボード

壁倍率は、耐力壁の強さを数値化したものです。壁倍率が大きいほど、耐力が大きな壁です。木造建築では、地震力や風圧力に対して必要壁量を算定し、所定の耐力壁を配置します。壁倍率の大きな壁を配置した方が、効果的です。今回は、壁倍率の意味、筋交いとの関係、壁倍率の一覧、土壁の壁倍率、石膏ボードの壁倍率について説明します。※筋交いの意味、存在壁量、必要壁量の算定方法は、下記の記事が参考になります。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率

壁倍率とは?

壁倍率は、耐力壁の強さを数値化したものです。壁倍率が大きいほど、耐力の大きな壁です。壁倍率1より、壁倍率2の壁が、地震への抵抗力が強いです。


木造建築は、風圧力や地震力に対して、耐力壁で抵抗します。壁倍率をうまく使えば、効率的に耐力壁を配置できます。例えば、


土壁塗の耐力壁4枚分=4.5cm×9.0cmの木材による筋交い


は、同等の耐力を持ちます。少ないかべで、所定の存在壁量を満足させることも可能です。※存在壁量の意味は、下記の記事が参考になります。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率

壁倍率の一覧

壁倍率の一覧を下記に整理しました。壁倍率と壁の種類は、建築基準法施行令46条に規定されます。


・9mmの鉄筋による筋交い     ⇒ 1.0

・1.5cm×9.0cmの木材による筋交い ⇒ 1.0

・3.0cm×9.0cmの木材による筋交い ⇒ 1.5

・4.5cm×9.0cmの木材による筋交い ⇒ 2.0

・9.0cm×9.0cmの木材による筋交い ⇒ 3.0

・※土塗壁 ⇒ 0.5(土塗壁は筋交いでない)

・構造用合板(t=5mm以上) ⇒ 2.5

・パーティクルボード ⇒ 2.5

・石膏ボード ⇒ 0.9


筋交いを、たすき掛け(×印に配置)した場合、壁倍率は2倍です。ただし、9cm角の筋交いは、5を超えても壁倍率5.0とします。

壁倍率と筋交いの関係

筋交いは、断面の大きさに応じて、壁倍率が違います(前述した壁倍率の一覧をご覧ください)。※筋交いの意味、特徴は下記の記事が参考になります。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

土壁の壁倍率

土壁塗りの壁倍率は、0.5です。耐力壁としての性能は低いと考えてください。

石膏ボードの壁倍率

石膏ボードの壁倍率は、0.9です。ただし、構造用石膏ボードは下記の壁倍率です。


構造用石膏ボードA種 ⇒ 1.7

構造用石膏ボードB種 ⇒ 1.2


石膏ボードは内壁や天井材に使います。通常、構造部材と考えませんが、木造建築では耐力壁として使うこともできます。

まとめ

今回は、壁倍率について説明しました。意味が理解頂けたと思います。壁倍率は、耐力壁の強さを数値化したものです。壁倍率が大きいほど、「耐力が大きい壁」です。壁倍率の高い壁を入れて効率的に耐震要素を配置したいですね。筋交いとの関係、存在壁量と必要壁量の意味、計算法は下記の記事が参考になります。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁倍率とは?1分でわかる意味、筋交い、一覧、土壁の値、石膏ボード