1. HOME > 構造力学の基礎 > 符号とは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、構造力学での使い方、種類

符号とは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、構造力学での使い方、種類

符号とは、数学や物理で数字の正負を表す記号のことです。「+」や「−」で表記します。建築では、構造計算(構造力学)で使います。今回は、符号の意味、数学、物理での使い方、符号の種類、符号を使う例について説明します。建築の構造計算では、+の符号が引張力、−の符号を引張力で表します。詳細は、下記の記事が参考になります。

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係

符号とは?

符号とは、数学や物理で使う記号です。数値の正負を表します。例えば、


+10

−10


と書きます。数値は同じでも、意味が全く違います。「+」は正の数値を表します。なお、特に符号を表記しない場合、「+」の符号だと判断されます。負の数値を表す符号が「−」です。


※なお音楽でも「符号」という用語を使います。前述した符号とは、異なります。


数学で習う符号の特徴をおさらいします。下記に整理しました。


−1+1=0

−1−1=−2

−1×−1=+1

−1×1=−1

−1÷−1=+1

−1÷1=−1


+の符号で四則演算しても、結果の値は全て「正」の符号がつきます。一方、負の符号を使った計算は違います。


まず、正と負は「対(つい)」になる符号です。数値の大きさが同じで、正と負の値を足すとき、「0」になります。互いの数値を減らす効果があります。


負の値同士をかけると、「正」の符号がつきます。割り算でも同様です。一方、負の値と正の値をかけると、結果は負の値です。


上記の関係は、数学、物理、構造力学で使い続けるので、ぜひ暗記してくださいね。※建築は、数学が必要な学問です。建築と数学の関係は、下記の記事が参考になります。

建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

符号の種類

符号の種類は下記です。


+ ⇒ 正の値を意味する

− ⇒ 負の値を意味する

構造力学での符号の使い方

建築では、構造計算や構造力学で符号を使います。符号の正負は、圧縮力、引張力と関係します。下記に整理しました。


+ ⇒ 引張力を意味する

− ⇒ 圧縮力を意味する


+の符号で数値を表す場合、引張力を意味します。−の符号をつけると、圧縮力です。構造力学では一貫して、この考え方を用います。ぜひ覚えてくださいね。引張力、圧縮力の意味、違いは下記の記事が参考になります。

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係

まとめ

今回は符号について説明しました。意味が理解頂けたと思います。符号は、数学や物理で使う記号です。数値の正負を表します。構造力学での使い方、引張力と圧縮力の関係を覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

引張、圧縮とは?1分でわかる意味、違い、符号、強度の関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 符号とは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、構造力学での使い方、種類