1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > AE剤とは?1分でわかる意味、効果、添加量、減水剤との関係
スポンサーリンク

AE剤とは?1分でわかる意味、効果、添加量、減水剤との関係

AE剤とは、コンクリート中に空気泡を混入する混和剤です。空気泡がコンクリート中に入ることで、コンクリートが練り混ぜやすく作業性が良くなります。AE剤の主な成分は界面活性剤です。界面活性剤はシャンプーに使う成分の1つです。シャンプーは指通りがよく、ツルツル滑りますよね。界面活性剤には表面を滑りやすくする効果があります。AE剤も、コンクリートに同様の効果を与えます。


今回はAE剤の意味、効果、添加量、減水剤との関係について説明します。高性能AE減水剤、混和剤など下記が参考になります。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

混和材ってなに?1分でわかる混和材の目的と種類

AE剤とは?

AE剤とは、コンクリート中に空気泡を混入する混和剤です。空気泡がコンクリート中に入ることで、コンクリートの練り混ぜや打ち込みの作業性が良くなります(ワーカビリティが良くなる)。ワーカビリティの詳細は下記が参考になります。

ワーカビリティとは?1分でわかる意味、スランプ、AE減水剤との関係


AE剤の主要成分は界面活性剤です。界面活性剤はシャンプーなどに入っている成分で、表面を滑りやすくする効果があります。シャンプーを手で触るとツルツルして滑りますよね。


またAE剤は、コンクリートのワーカビリティが向上するため、練り混ぜ水を減らすことができます。AE剤は空気泡を混入するのでコンクリートの圧縮強度は低下しますが、水を減らす分コンクリートの圧縮強度を高めることが可能です。


AE剤の性能を下表に示します。


図 AE剤の性能

スポンサーリンク

AE剤の効果

AE剤の効果を下記に示します。


コンクリートのワーカビリティが向上する

凍結融解作用に対する抵抗性が改善

空気泡により圧縮強度が低減するが、水量を減らして圧縮強度を高めることも可能

AE剤の添加量

AE剤の添加量は、各メーカーの製品を確認しましょう。例えば、あるメーカーのAE剤では標準使用量が「セメント質量に対して1.0wt%」としています。セメント量に対してAE剤を多くすると、空気量が増加しワーカビリティが改善されます。空気量が過大になるとコンクリート強度が低下するので注意が必要です。また空気量が改善する分、水量を減らすことも忘れないでくださいね。

AE剤と減水剤の関係

混和剤には、AE剤の他に減水剤もあります。減水剤は、セメント粒子の分散作用によりワーカビリティ改善、スランプや強度を得るために使用されます。AE剤とは違い、主要成分に界面活性剤は使いません。


なおAE剤と減水剤を組み合わせた混和剤をAE減水剤といいます。詳細は下記をご覧ください。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

まとめ

今回はAE剤について説明しました。意味が理解頂けたと思います。AE剤は、コンクリート中に空気泡を混入する混和剤です。空気泡が入ることでコンクリートの練り混ぜ、打ち込み作業が行いやすくなります。コンクリートのワーカビリティが改善する、といいます。AE剤と似た用語に減水剤、AE減水剤もあります。下記をご覧ください。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

ワーカビリティとは?1分でわかる意味、スランプ、AE減水剤との関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > AE剤とは?1分でわかる意味、効果、添加量、減水剤との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事