1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートのスランプ値は?1分でわかる意味と規定、スランプ値、18cm
スポンサーリンク

コンクリートのスランプ値は?1分でわかる意味と規定、スランプ値、18cm

コンクリートのスランプ値は、硬化前のコンクリートの軟らかさを表します。スランプ値が大きいほど軟らかいコンクリートです(硬化前の状態)。軟らかいコンクリートほど施工しやすいです。ただし、スランプ値は施工性だけでなくコンクリートの品質も左右します。よってコンクリートが軟らかくなり過ぎないよう「スランプ値の最大値」が規定されます。調合管理強度が33N/mu以上で21cm以下、33未満で18cm以下とします。


今回は、コンクリートのスランプ値の意味と規定、18cmとの関係について説明します。スランプ試験、スランプフロー、調合管理強度など下記が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

コンクリートのスランプ値は?

コンクリートのスランプ値とは、下図に示す値です。



硬化前のコンクリートの軟らかさを表します。上図のように、スランプ値が大きいほど「コンクリートが軟らかいこと」を意味します。


硬化前コンクリートは、粘性のある液状です。これを型枠に打設して硬化を待ちます。よってスランプ値の大きい方が「施工性は良い」です。


ただし、スランプ値は施工性だけでなく「コンクリートの品質を左右する」ことが知られています。スランプ値は大きいほど、コンクリートの品質に悪影響があります。例えば、水密性の低下、耐久性の低下、乾燥収縮の増大の恐れがあります。


よってスランプ値には「最大値」が規定されています。要するに、小さすぎても大きすぎても問題があるのです。

スランプ値の試験方法、意味など下記も参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係


似た用語にスランプフローもあります。下記もご覧ください。

スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

スポンサーリンク

コンクリートのスランプ値の基準、規定、18cm

コンクリートのスランプ値の規定を下記に示します。スランプ値は調合管理強度に応じて変わります。下記に示しました。


調合管理強度33N/mu以上 ⇒ 21cm以下

調合管理強度33N/mu未満 ⇒ 18cm以下


またスランプ値の許容差は、下記が規定されています。


スランプ21cm以下 ⇒  ±1.5cm

スランプ8〜18cm以下 ⇒ ±2.5cm


なお呼び強度27以上で高性能AE減水剤を用いる場合は、許容差±2cmとすることも可能です。

まとめ

今回はコンクリートのスランプ値について説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートのスランプは、硬化前コンクリートの軟らかさを表します。またスランプ値は、硬化後のコンクリートの品質を左右します。軟らかすぎると悪影響が大きいため、スランプ値には最大値が規定されます。スランプ試験の方法など下記も勉強しましょうね。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートのスランプ値は?1分でわかる意味と規定、スランプ値、18cm