1. HOME > 構造力学の基礎 > スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

スランプフローとは、高流動コンクリートや高強度コンクリートの流動性を表す指標です。通常のコンクリートは、スランプ値で流動性を測定しますが、高流動コンクリートなどは、スランプの計測が難しいため、スランプフローを計測します。今回は、スランプフローの意味、スランプとの違い、測定方法、許容値について説明します。※スランプの意味、測定方法は、下記の記事が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

スランプフローとは?

スランプフローとは、コンクリートの流動性を表す指標です。高流動コンクリートや、高強度コンクリートで用います。スランプフローは、スランプ試験時に、円形に広がったコンクリートの直径です。下図をみてください。これが、スランプフローです。

スランプフロー

高流動コンクリートは、流動性が高いため、スランプの計測が難しいです。よって、スランプフローを測定します。


スランプ試験は、下記の記事が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係


スランプフローは、スランプ値と同様に、「大きすぎても、小さすぎても駄目」な値です。流動性(ワーカビリティ)と同様に、コンクリートの品質に注意しましょうね。下記の記事も参考になります。

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

スランプフローとスランプとの違い

スランプフローとスランプの違いを下記に整理しました。


スランプフロー ⇒ スランプコーンを抜いたとき、円形に広がったコンクリートの直径

スランプ ⇒ スランプコーンを抜いたとき、コーン頂部からコンクリート頂部までの距離


下図をみてください。これがスランプ値です。

スランプフローの測定方法

スランプフローは、スランプコーンを抜いたときの、コンクリートの直径です。直径を計測すればよいです。試験自体は、通常のスランプ試験と同様です。スランプ試験は、下記の記事が参考になります。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

スランプフローの許容値

スランプフローは、高流動コンクリートと高強度コンクリートに用いる指標です。各許容値を下記に整理しました。


高流動コンクリート ⇒ 55cm以上65cm以下

高強度コンクリート ⇒ 60cm以下(Fc45〜Fc60)、50cm以下(Fc36〜Fc45)

まとめ

今回はスランプフローについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。スランプフローは、スランプコーンを抜いたときの、コンクリートの直径です。流動性が高いコンクリートは、スランプフローを測定します。スランプフローとスランプ値の違いを理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値