1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 混和材ってなに?1分でわかる混和材の目的と種類

混和材ってなに?1分でわかる混和材の目的と種類

混和材をご存じでしょうか。現在、コンクリートの調合で必要不可欠な存在です。今回は、混和材の目的と種類について説明します。

混和材ってなに?

混和材は、コンクリートを調合する際に混ぜる薬剤のことです。


コンクリートは、水、骨材、セメントで出来ていると思われがちですが、そこに混和材も必要不可欠です。


混和材の大きな目的は、ワーカビリティやスランプ、強度の改善です。コンクリートの強度を高めるとき、水セメント比を小さくすれば良いです(単位水量を少なく又はセメント量を多く)。


しかし、水量を少なくすればワーカビリティが悪くなるため(練り混ぜや打設が困難)、あまり水を少なくできません。その両者の問題を解決する存在が、混和材なのです。※混和材はワーカビリティやスランプと密接な関係があります。下記の記事が参考になります。

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

混和材の種類

混和材の種類には、下記があります。

AE剤

AE剤を入れることで、ワーカビリティと凍結融解作用を改善します。AE剤は空気を混入するのですが、この空気が凍結融解を防ぎます。

減水剤

減水剤は、ワーカビリティの改善、スランプ、強度の改善が可能です。

AE減水剤

AE減水剤は、AE剤と減水剤の両方の特性を持つ薬剤です。こちらのほうが一般的です。

高性能AE減水剤

AE減水剤の高性能版です。最近はごく当たり前に使用されます。

流動化剤

流動化剤はワーカビリティの改善が可能です。主に流動化コンクリートに使用されます。

硬化促進剤

硬化促進剤は、寒中コンクリート工事で使用されます。寒いとコンクリートの硬化が遅くなります。強度の発言を進めるため(硬化を促進するため)、硬化促進剤を使います。

これらは界面活性剤の1つです。界面活性剤は、いわゆる石鹸やシャンプーと似ています。石鹸で体を洗うとツルツル滑ります。その特性を、コンクリートにも活かします。界面活性剤の効果で、水を入れなくても流動性が生まれます。

まとめ

今回は、混和材について説明しました。混和材には沢山の種類があるので、その特性を理解したいですね。全体的に言えることは、石鹸やシャンプーのような界面活性剤を用いていること。水を減らすために、「ツルツル滑るオイルを入れた」と考えれば分かりやすいです。


併せて下記の記事も参考にしてください。

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 混和材ってなに?1分でわかる混和材の目的と種類