1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

コンクリートには思っている以上に種類があります。1つは普通コンクリート。汎用性が高く、価格も安定しています。通常用いられるコンクリートです。


その他にも、水密コンクリートや暑中コンクリート、高流動コンクリート、水中コンクリートなどの種類があります。


今回は、その中でも高流動コンクリートを説明しましょう。また、似たような言葉で高性能AE減水材とは何か、違いを考えます。

スポンサーリンク
 

高流動コンクリートは、充填性を高めた流動性の高いコンクリートのこと

高流動コンクリートは、その名の通り、どろどろのコンクリート。なぜ、流動性の高いコンクリートが必要なのか。それは難易度の高い形状や、鋼管内にコンクリートを充填する際、便利だからです。


例えば、普通コンクリートを鋼管の中に充填しようと思っても、自然には入っていきません。また、鋼管内にきちんとコンクリートが入っているか、骨材やセメントが分離していないか、わかりません。


昔は熟練の職人がいて鋼管内や複雑な形状でも、品質を保てたのですが、現在はそれも難しい状況です。


以上の理由から、高流動コンクリートと普通コンクリートは明確に区別されます。また、普通コンクリートはスランプ値を18〜21cmで表しますが、高流動コンクリートはスランプ値で示せないほど、流動性が高いのでスランプフローと言います。


スランプフローは、生コンを筒に入れて、筒を外したときの円形の大きさを表しています。スランプフローが大きければ、より流動性の高いコンクリート、ということです。


高性能AE減水剤とは何か?高流動コンクリートと違うのか。

両者は全く意味が違います。


高性能AE減水剤は、コンクリート強度を高めつつワーカビリティ向上の目的で入れる混和材です。ワーカビリティとは職人さんの作業性のこと。コンクリートの練り混ぜが簡単な方が、ワーカビリティが高い、といいます。


高性能AE減水剤を入れた普通コンクリートと、高流動コンクリートでは目的が全く異なるのです。


まとめ

以上、高流動コンクリートと高性能AE減水剤の違いを説明しました。下記のように、


高流動コンクリート⇒充填性、流動性を高めたコンクリート

高性能AE減水剤を使った普通コンクリート⇒ワーカビリティを向上する目的で入れた普通コンクリート


と考えましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?