1. HOME > 構造力学の基礎 > d16の鉄筋径、重量は?1分でわかるd16の規格、断面積、価格

d16の鉄筋径、重量は?1分でわかるd16の規格、断面積、価格

d16とは直径が16mmの異形鉄筋という意味です。d16は主に、スラブや小梁の主筋に使います。今回は、d16の鉄筋径、重量、断面積、価格について紹介します。なお、異形鉄筋の詳細な規格については下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

d16の規格

d16の規格を下表に示します(その他の径も参考になります)。

呼び径 最外径 単位重量(kg/m) 断面積(mu) 周長(mm)
D6 - 0.249 32 20
D8 - 0.389 50 25
D10 11 0.560 71 30
D13 14 0.995 127 40
D16 18 1.56 199 50
D19 21 2.25 287 60
D22 25 3.04 387 70
D25 28 3.98 507 80
D29 33 5.04 642 90
D32 36 6.23 794 100
D35 40 7.51 957 110
D38 43 8.95 1140 120
D41 46 10.5 1340 130

d16の鉄筋径と呼び径

d16の呼び径は「16」です。ただし異形鉄筋なので、円形の周りにリブがついています。よってリブの高さを考慮した最外径は下記で計算します。


上記より、d16の最外径は18mmです。


リブはコンクリートとの付着性を高めるものです。よって鉄筋としての耐力には考慮しません(付着が高まるので間接的に関係します)。※リブと鉄筋径の関係は下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

d16の重量

d16の重量は、1.56kg/mです。鉄筋は形鋼に比べると重量が軽いですが、鉄筋本数が多いと経済的に影響します。主にスラブや梁として使う鉄筋です。

d16の断面積

d16の断面積は199muです。d16は鉄筋径としては小径です。主にスラブに使いますが、荷重の負担が大きなスラブはd16とします。

d16の価格

d16の価格は、東京都、2018年9月現在の値で下記です。※鉄筋の価格は常に変動するので今後の価格は実際に調べてくださいね。


・72000円/t(50〜200tの場合)

・73000円/t(20〜50t)

・80000円/t(1〜5t 小口)


d16に限らず、t(トン)数によって価格が変わります。小口(少ない量)で発注するほど価格が割高ですね。


さて、前述したd16の重量は1.56kg/mでした。1tの鉄筋を用意すると、d16は何本分必要でしょうか(長さは1.0mとします)。下記をみてください。


例えば一般的な建物のスパン6.0mで考えると、100本程度です。d16は結構軽い材料だといえます。

まとめ

今回はd16の規格について紹介しました。ほかの鉄筋については下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方


また、d16の価格は常に変動します。今回紹介した価格は参考にとどめておいて、各自調べてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > d16の鉄筋径、重量は?1分でわかるd16の規格、断面積、価格
  2. -->