1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の呼び名とは?1分でわかる意味、呼び径との違い、記号、公称直径と直径の関係
スポンサーリンク

鉄筋の呼び名とは?1分でわかる意味、呼び径との違い、記号、公称直径と直径の関係

鉄筋の呼び名とは、「D10(でーじゅー)」や「D13(でーじゅーさん)」のように、概ねの鉄筋径を表す記号です。呼び径ともいいます。今回は、鉄筋の呼び名の意味、呼び径との違い、記号、公称直径と直径の関係について説明します。鉄筋の径と規格は、下記が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の呼び名とは?

鉄筋の呼び名(よびな)とは、「D10(でーじゅー)」や「D13(でーじゅーさん)」のように、概ね鉄筋径を表す記号です。


「概ね」というのは、D10は鉄筋の実際の直径では無いからです。鉄筋は下図のように、表面にリブが付いています。D10ではリブを含めた最外径が11mmで、リブの無い円の直径が9.53mmです。

異形鉄筋

「10に近いけど、違う値」と考えてください。ただ、わざわざ「D9.53」と示すのは面倒なので、「D10」としています。「D10」の「D」とは、異形鉄筋を意味する記号です。丸鋼では、「φ9」と描きます。


異形鉄筋、丸鋼の違いは、下記が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質

鉄筋の呼び名と呼び径の違い

鉄筋の呼び名(よびな)と呼び径(よびけい)は同じ意味です。個人的には、「呼び径」ということが多いです。

鉄筋の呼び名と公称直径、直径の関係

鉄筋の呼び名と公称直径の一覧を下記に示します。


D10 9.53mm

D13 12.7

D16 15.9

D19 19.1

D22 22.2

D25 25.4

D29 28.6

D32 31.8

D35 34.9

D38 38.1

D41 41.3

D51 50.8


上記をみてください。呼び名と鉄筋の公称直径は微妙に違いますね。構造計算では、上記の公称直径による断面積を使います。呼び名と公称直径の関係をみてください。ほとんどの場合で、公称直径の方が小さいです。間違っても、「D10だから直径10mmの鉄筋と考えて断面積を算定」としないでください。


断面積を過大に評価することになるからです。鉄筋の断面積は、下記の記事も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

まとめ

今回は鉄筋の呼び名について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋の呼び名は、鉄筋の直径を意味する記号です。ただし、「厳密な直径」とは違うので注意してください。鉄筋の呼び名と公称直径との関係を理解しましょう。下記の記事も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の呼び名とは?1分でわかる意味、呼び径との違い、記号、公称直径と直径の関係