1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの締固めとは?1分でわかる意味、留意点、機械、間隔
スポンサーリンク

コンクリートの締固めとは?1分でわかる意味、留意点、機械、間隔

コンクリートの締固めとは、コンクリートを打設後、型枠中のコンクリートが分離せず型枠の隅々まで均一に充填させる作業です。例えば打設したコンクリート内部に空洞ができたら大問題です。そういった問題がないよう、コンクリートの打設後は必ず締固めを行います。今回は、コンクリートの締固めの意味、留意点、機械、間隔について説明します。コンクリートの打ち込みについては、下記が参考になります。

コンクリートの打ち込みとは?1分でわかる意味、高さ、打ち込み時間、注意点

コンクリートの締固めとは?

コンクリートの締固めを行う理由を下記に示します。


豆板、コールドジョイントなどコンクリートの欠陥を生じさせないため

型枠の隅々まで密実かつ均質にコンクリートを充填させるため


上記のように、コンクリートの品質に大きな影響がある作業です。よって、コンクリートの打ち込み後は必ず「締固め」を行います。コンクリートの打ち込みについては、下記が参考になります。

コンクリートの打ち込みとは?1分でわかる意味、高さ、打ち込み時間、注意点

スポンサーリンク

コンクリートの締固めの機械

コンクリートの締固めに使う機械として振動機があります。棒状の形をしており、高周波の振動起こすことでコンクリート内部を均一にします。例えば、公称棒径45mm以上の振動機を使うことが多いです。


コンクリートの締固めの間隔

コンクリートの締固めは、


打ち込みした層ごとに行い、打ち込み層の下層に振動機先端を垂直に入れる

締固め間隔は60cmごとに行う

1カ所あたり5〜15秒程度行う(コンクリート表面にセメントペーストが浮き上がるまで)


行います。詳細は下記の書籍が参考になります。

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事

コンクリートの締固めと留意点

型枠内には鉄筋が配置されています。振動機が鉄筋に触れると、所定の構造性能を満足しなくなる可能性もあります(鉄筋のあき、鉄筋のかぶりなど)。できるだけ触れないよう留意し、不具合が発生した場合は修正が必要です。

まとめ

今回はコンクリートの締固めについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートの分離を始め、有害な欠陥を除去するために締固めが必要です。打ち込み⇒締固めを必ず行います。下記も併せて勉強しましょう。

コンクリートの打ち込みとは?1分でわかる意味、高さ、打ち込み時間、注意点

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの締固めとは?1分でわかる意味、留意点、機械、間隔
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事