1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

硬化前のコンクリートは液体なので、固まるまで型枠が必要です。柱や梁の形をした型枠に、生コンを流し込み、固まった後、型枠を除去します。ただし、型枠を取り外す時期が早いと、有害なひび割れが発生します。今回は、型枠の取り外し、存置期間、取り外し可能な圧縮強度、支柱の除去について説明します。※鉄筋コンクリートについては下記の記事が参考になります。

鉄筋コンクリート造の基礎

型枠の取り外しとは?

硬化前のコンクリートは液体です。液体のコンクリートを、生コンといいます。生コンは、時間が経つと固まるので、一定期間、型枠の中で養生します。


柱や梁、壁の形になるよう型枠を組み、生コンを打設します。コンクリートが硬化すれば、型枠を取り外すことが可能です。


ただし、コンクリートの硬化が十分でない状態で、型枠を取り外すと、コンクリートに有害なひび割れが生じます。よって、建築基準法で型枠の取り外しに関して、下記などの規定があります。


・型枠の存置期間

・型枠を取り外してよい圧縮強度


なお、型枠とは


・支柱

・せき板


のことです。

型枠の取り外しと存置期間(日数)

型枠の存置期間は建築基準法で規定されます。セメントの種類、せき板または支柱の除去、建築物の部分で存置期間は変わります。今回は、普通ポルトランドセメントにおける存置期間を整理しました。

型枠の取り外しと存置期間

強度の出現が早い、早強ポルトランドセメントは、上記の日数より早く型枠が除去できます。その他のセメントについては、下記の書籍などが参考になります。

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事

スポンサーリンク
 

型枠を取り外してよい圧縮強度

型枠の取り外しは、所定の存置期間に達していなくても、圧縮強度を満足すればよいです。満足すべき圧縮強度について整理しました。

型枠を取り外してよい圧縮強度

下記は支柱の除去に関する規定です。支柱を除去する方が、基準が厳しいですね。

支柱を取り外してよい圧縮強度

支柱の除去と存置期間

支柱を除去するために必要な存置期間を下記に整理しました。スラブ下、梁下で日数が違います。

支柱の除去と存置期間

まとめ

今回は型枠の取り外しについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートの強度が十分に出ない状態で、型枠を取り外すと、有害なひび割れが生じます。また、変形が起きる可能性もあるのです。建築基準法やJASSで、型枠の取り外しに関する規定があると覚えてくださいね。コンクリートの圧縮強度は、下記の記事が参考になります。

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去