1. HOME > 構造力学の基礎 > 型枠とは?1分でわかる意味、種類、セパレーター、支保工との関係
スポンサーリンク

型枠とは?1分でわかる意味、種類、セパレーター、支保工との関係

型枠(かたわく)は、鉄筋コンクリートの形をつくる「せき板」および「支柱」の総称です。取り外し可能な型枠と、コンクリート硬化後も存置する捨て型枠があります。今回は型枠の意味、種類、セパレーター、支保工との関係について説明します。


型枠の取り外し日数はコンクリートの品質を決定づけるので、細かな規定があります。下記が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

型枠とは?

型枠(かたわく)とは、鉄筋コンクリートの形をつくる「せき板」および、それらを支える「支柱」の総称です。コンクリートは、硬化する前は液体です。そのため、型枠で自由に形をつくります。


せき板の意味は、下記が参考になります。

せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間


型枠の取り外しは、建築基準法などで細かな規定があります。十分に硬化してない状態で型枠を外すと、コンクリートにひび割れが起きるからです。型枠の取り外しは、下記が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

型枠の種類

型枠の種類には、下記があります。


一般型枠 ⇒ 一般的な型枠のこと。合板のせき板を、支柱で支える。所定の養生期間の後、取り外す。

捨て型枠 ⇒ 一般型枠と違い、支保工が不要。フラットデッキと呼ばれる鋼材を使い、コンクリート硬化後も、型枠は存置する。

ラス型枠 ⇒ 捨て型枠の1つ。せき板に鋼製のネットを使う。鋼製ネットは存置するので、地中に埋まって見えない基礎工事に用いる。

透水型枠 ⇒ せき板に孔を設けたり、吸水布を貼る。コンクリートの余剰水を排出し、コンクリートを緻密にできる。


捨て型枠、フラットデッキの意味は、下記が参考になります。

捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキ

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

型枠とセパレーターの関係

セパレーターは、型枠同士の間隔を一定に保つものです。下図をみてください。これがセパレーターです。硬化前のコンクリートは、せき板を押して広がろうとします。これを抑えるのがセパレーターの役目です。

セパレーターと型枠

型枠と支保工の違い

型枠と支保工の違いを下記に整理しました。


型枠 ⇒ せき板と支柱のこと。

支保工 ⇒ せき板を支える部材のこと。根太、大引き、支柱がある。

まとめ

今回は型枠について説明しました。意味が理解頂けたと思います。型枠は、コンクリートの形をつくる「せき板」と、それを支える「支柱」です。型枠の取り外し期間はデリケートです。下記の記事も是非、参考にしてくださいね。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 型枠とは?1分でわかる意味、種類、セパレーター、支保工との関係
  2. -->