1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間

せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間

せき板とは、コンクリートの形をつくる板です。主に合板を使います。また、スラブのせき板としてフラットデッキを使います。今回は、せき板の意味、種類、支保工との違い、せき板の存置期間について説明します。


※型枠の存置期間は下記の記事が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

せき板とは?

せき板とは、コンクリートの形をつくる板です。下図をみてください。これが、せき板です。

せき板

一般的に、鉄筋コンクリート造の梁や柱は四角形です。四角形をつくるため、せき板を四角形に組みます。梁やスラブのせき板は、宙に浮いているので落ちないよう下から支えます。せき板を支持する部材を、支保工といいます。支保工の部材の1つとして、支柱があります。※支柱の意味は、下記の記事が参考になります。

支柱とは?1分でわかる意味、種類、パイプ、類語

せき板の種類

せき板は一般的に合板を使います。下記の特徴があります。


合板の厚さは12mmが標準

品質はAからDまであり、Aが最も高品質でDが低品質


スラブのせき板は、工期短縮のためフラットデッキを使うことが多いです。フラットデッキを使えば、支保工が不要です。※フラットデッキ、捨て型枠の意味は、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキプレートとラス型枠

せき板と支保工の違い

せき板と支保工の違いを下記に整理しました。


せき板 ⇒ コンクリートの形を作る板

支保工 ⇒ せき板を支える部材のこと。根太、大引、支柱がある


なお、せき板と支保工を含めて、型枠といいます。型枠の意味は、下記の記事が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

せき板の存置期間

せき板の存置期間は建築基準法で規定されます。コンクリートの強度や品質に影響するからです。せき板の存置期間は、下記の記事に詳しく書きました。参考にしてください。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

まとめ

今回はせき板について説明しました。意味が理解頂けたと思います。せき板は、コンクリートの形をつくる板です。主に12mmの合板を使います。ただし、スラブをつくるとき在来型枠は使わないことが多いです。型枠を解体する手間がかかるため、捨て型枠を用います。また、せき板の存置期間も覚えましょうね。下記の記事が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキプレートとラス型枠

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間